ニューモデル

エンジンを大幅に改良した新型ストリートトリプルRSがデビュー

トライアンフモーターサイクルズジャパンは10月7日、2020年モデルとなる新型ストリートトリプルRSを11月中旬に発売すると発表した。

新しいストリートトリプルRSは、Moto2エンジンチームにより改良された765cc並列3気筒DOHCエンジンを搭載し大幅なパフォーマンスアップを実現。新しい排気カムなどの採用によりパワー、トルク共にミッドレンジで8%アップしており、最高出力は1kWアップの91kW、最大トルクも2Nm向上し79Nmとなっている。また、回転慣性を7%ダウンさせたことでスロットルレスポンスも向上しているという。

ブレーキには、フロントにブレンボ製ツインM50 4ピストンモノブロックブレーキキャリパー、リヤもブレンボ製シングルピストンキャリパーを搭載。サスペンションはフロントがショーワの41mm径ビッグピストンフォーク、リヤにはオーリンズ製フルアジャスタブルSTX40ビギーバックリザーバータイプを採用する。アップ&ダウンに対応するクイックシフター、ロード/レイン/スポーツ/トラック/ライダーの5つを持つライディングモードも用意されている。

LEDヘッドライトはよりシャープなデザインの新型に変更され、サイドパネルやリヤユニット、シートカウル、アンダーカウルなども刷新。また、トライアンフのロゴ入りカーボン仕上げを採用したサイレンサー、新型ミラー、サテンメタル仕上げのヒールガード、ブランドロゴ入りハンドルバークランプなどによってよりスポーティに仕上げられている。

カラーは、シルバーアイス×ディアブロレッドとマットジェットブラック×アルミニウムシルバーの2色を用意。価格は147万3000円(10%消費税込み)となっている。

(右)シルバーアイス×ディアブロレッド
(左)マットジェットブラック×アルミニウムシルバー

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク並列3気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:77.9×53.3mm 総排気量:765㎤ 最高出力:91kW〈123ps〉/11750rpm 最大トルク:79Nm〈8.1kgm〉/9350rpm 燃料タンク容量:17L 変速機:6段リターン 【寸法・重量】全長:── 全幅:775 全高:1085 ホイールベース:1405 シート高:840(各㎜) 装備重量:188kg タイヤサイズ:Ⓕ120/70ZR17 Ⓡ180/55ZR17

CONTACT

問い合わせ先トライアンフコール
電話番号03-6809-5233
URLhttps://www.triumphmotorcycles.jp

おすすめ記事

【NEWS】ホンダが鈴鹿8耐と全日本ロードレースにワークス参戦! 【NEWS】ベスラブレーキガールイベント、各地で開催中! 250cc4気筒モデル最後発だけど最強性能? ニンジャZX-25R以前のカワサキ「ニーゴーマルチ」を振り返る【ZXR250からバリオスまで】】 ランブレッタが消費税改正と輸入コスト高騰により価格を改定 【速報】ホンダブースは新型車が目白押し 匿名係長 第5回 ドゥカティ1199パニガーレの巻(前編)
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP