新車

2021年型BMW R nineTは実質フルモデルチェンジ!?従来型オーナーが涙するアップデートの数々

2020年10月にBMW Motorrad(本国)はR nineTシリーズのニューモデルを発表しました。
空油冷の1200ccボクサーエンジンを搭載するR nineTは、自由なカスタマイズが楽しめるモデルとして2013年のイタリア・ミラノショー(EICMA)でデビューしたモデルです。

BMW Motorradの90周年を記念して登場したBMW R nineT。日本では2014年から販売が始まりました。

それまでのBMWと言えば、その高い完成度ゆえに「BMWをカスタムするなんてご法度」というイメージを持つ人も少なくないブランドでした。しかし、R nineTの登場をきっかけに旧来のBMWのイメージは良い意味で覆され、当時世界的なブームの兆しを見せていたヘリテイジシーンはさらに盛り上がり、BMW自身もそれまでとはまったく違うユーザー層を獲得することに成功したのでした。

2014年には、BMW Motorrad Japanが日本国内のカスタムビルダーによる「R nineTカスタムプロジェクト」を発表。46 works、Hide Motorcycle、Brat Style、Cherry’s Companyが手がけた4台のマシンは、R nineTが秘めたカスタマイズの無限の可能性を表現して、世界中に衝撃を与えました。

その後、R nineTシリーズは正立フロントフォークとアップマフラーを備えたR nineT Scrambler(スクランブラー )を2016年に発表します。さらに同年のEICMAでは、よりベーシックなR nineT Pure(ピュア)とカフェレーサースタイルのR nineT Racer(レーサー)、そして名車R80G/SをオマージュしたR nineT Urban G/S(アーバンGS)を相次いで発表。
基本的な車体構成を共用しながらも、あらゆるカテゴリを網羅する盤石のラインナップで相当数のファンを獲得してきました。

BMWの二輪シーンにおいて大きなインパクトを与えた初代モデル発表から7年、2020年10月に発表されたR nineTシリーズはこれまでにないほど大きなアップデートを果たしていました。
見た目こそ大きく変わらないものの、その中身は別物と言ってもいいくらい!?

かくいう筆者は2017年にR nineT Urban G/Sを新車で購入したR nineTオーナーのひとり。
じつは新型R nineTの資料を読めば読むほど「そう、その機能が欲しかったんだよ!」というものが詰め込まれているのです!
そのアップデートの内容と言ったら、正直言って買い替えを検討するには充分すぎるほど……ここからは従来モデルとの違いも交えながら、日本での販売も始まった新型R nineTの詳細について解説していきましょう。

2021年型BMW R nineTシリーズラインアップ

2021年型R nineT。224万円〜
2021年型R nineT Pure。190万5000円〜
2021年型R nineT Scrambler。202万7000円〜
2021年型R nineT Urban G/S。205万4000円〜

#1 R nineTに、ついにエンジンモード切り替えがついた!

スイッチボックス右側にモード切り替えスイッチが新設。

新型R nineTでは、ベースモデルのR nineT、そしてPure、Scrambler、Uraban G/Sの全車(言い忘れていましたが、Racerはひっそりと姿を消しました……)に「ライディング・モード」と呼ばれるエンジンモード切り替えを用意して「Road:ロード」「Rain:レイン」の2つのモードを装備しています。

エンジンモードはもちろんASC(オート・スタビリティ・コントロール)とも連動していて、普段走るときは「Road」モードで、雨の日など路面が滑りやすいときは「Rain」にすることで、走行状況に合わせた最適なパワーデリバリーを実現しながら、後輪のスリップも適切に感知することで安全に走行を楽しむことができます。

スピードメーター側の液晶パネルに選択したエンジンモードが表示されます。ライディングコンピュータも一新されているほか、メーター文字盤のデザインも変更に(R18の文字盤に近い雰囲気に)。

それだけではありません。R nineT各車には車両の性格に合わせて「ライディング・モードPro」が用意されています。R nineTとR nineTとR nineT Pureには「Dyna:ダイナミック」のモードを用意しており、ワイルドな空油冷ボクサーエンジンのポテンシャルを最大限に引き出したエキサイティングな走りを楽しむことが可能。つまりBMWの各種ロードスポーツ同等のエンジンモードが追加されたということになります。

そしてオフロードテイストのR nineT ScramblerとR nineT Urban G/Sには本格的なオフロード走行を見越した「Dirt:ダート」モードを用意しています。新装備のABS ProとDTC(ダイナミック・トラクション・コントロール)との組み合わせで、よりアグレッシブなダート走行が楽しめそうな予感。おそらくこれはGSシリーズでいうところの「Enduro:エンデューロ」モードに近いものではないかと筆者は予想しています。

#2 クルーズコントロールもついた!

左側のスイッチボックスにクルーズコントロールのスイッチを新設。

エンジンモード切り替えの装備にも驚いた筆者でしたが、新型R nineTではなんとクルーズコントロールまで設定されています。
R nineTといえば、カスタムや街乗りメインでしょ、というイメージを持つ方も多いかもしれませんが、意外にロングツーリングを楽しむオーナーも多いのです。筆者もその一人であり、1日で500km〜1000kmを走破するツーリングに何度も出かけていたり。その度にいつも「クルーズコントロールがあったらもっと楽なのに……」という不満を少なからず持っていました。

だったらGSやRT、RSなどを買えばいいじゃないか、という声も聞こえてきそうですが、R nineTオーナーの多くはネオクラシックなデザインに惹かれて乗っているわけで、単に高機能が欲しいというわけではありません。
でも実際に使用してみると、やっぱりBMWらしい最新装備も欲しくなってしまった……そんなジレンマを抱えていたオーナーにとっては、クルーズコントロールの装備はとても大きなトピックと言えるでしょう。

#3 空油冷エンジンのままユーロ5に適合してモデルライフが延びた!

R nineTの空油冷ボクサーエンジンは、2010年にDOHC化されR1200GSなどに搭載されたものがベース。基本設計が古いエンジンですが、排気量をキープしたままユーロ5に適合しました。
2021年型R nineTシリーズに搭載される改良型空油冷エンジン。

年々厳しくなる排出ガス規制。各メーカーの非・水冷車の相次ぐ生産終了はR nineTオーナーにとって決して他人事ではありませんでした。
事実、新型R nineTが発表されるまで一部のオーナーの間では「R nineTはもう排ガス規制に適合できなくて終わってしまうのでは?」そんな噂話もあったほど。そして筆者も「きっとこれが空油冷ボクサーエンジン最後のモデルになる。生産終了になれば、きっとプレミアもついてフフフ……」そんな下心(?)もありつつR nineTを購入。
ところが、そんな世間の心配をよそに新型R nineTは最新の排出ガス規制ユーロ5に適合したのです!

空油冷ボクサーエンジンの排気量は従来モデルと同じ1170ccのままですが、シリンダーヘッドが新設計に。混合気が燃焼室へ導かれる際に効果的にタービュランス(渦)を形成するようになり、クリーンな燃焼と旧来モデルを上回る過渡特性を実現しているとのこと。
特に常用域となる4,000回転〜6,000回転の領域では、パワー、トルクともに従来モデルを上回る出力特性を得ています。このアップデートに伴って、シリンダーヘッドカバーとインジェクター、インテークパイプ周りの造形が一新されています。

左は2017年型R nineTで右が2021年型。外観上の大きな違いはシリンダーヘッドカバーですが、エアクリーナーボックス&バッテリーハウジング部にもカバーが付きました。

エンジンのスペックは、最大トルクが116Nm/6000rpmと従来通りながら、最高出力が従来モデルの110馬力/7750rpmから109馬力/7250rpmへ。馬力こそ、ほんのわずかに低下していますが、最高出力の発生回転数が500回転も低下していることからも、より常用域で楽しめる性格となったことがおわかりになるかと思います。

もちろん、ユーロ5への適合とエンジン特性の見直し、さらにエンジンモード切り替えやクルーズコントロールなどの新装備は新型R nineTが電子制御スロットル「フライ・バイ・ワイヤ」を採用したからこそ実現できたもの。
刷新されたライディングコンピュータによってさらに綿密なエンジン制御が可能となり、機能面でも環境面でもアップデートが行えた、というのが新型R nineT最大のハイライトと言えます。

新型R nineTがユーロ5に適合したことは、じつは従来モデルのオーナーにとっても意味のある話です。
前述したようにR nineTは自由なカスタマイズを前提したモデルであり、各モデルで基本的な車体構成要素を共通化しています。例えば、R nineTスクランブラーのアップマフラーをR nineTに取り付けたり、Uraban G/Sのカウルを他のモデルに取り付けたち、といった芸当も可能なのです。

もちろん、新型R nineTでもフレームや外装パーツなど、各パーツのレイアウトや取り付け方法は従来モデル同様であり、さらに「Option 719」を中心とした純正アクセサリーも今回大幅にアップデートされています。
その多くが従来モデルとの互換性を維持したままだと仮定すれば、R nineTがユーロ5に適合してモデルライフが延びたことは、今後も新たなアクセサリーパーツが登場する可能性が高いと考えられるので、新型モデルの登場は従来モデルオーナーにとっても歓迎すべきトピックと言えるのです。

ScramblerのアップマフラーをUraban G/Sに装着したOption 719の例。各モデル間でのパーツの互換性は従来モデル同様です。

#4 LEDヘッドライトが純正採用に!

2021年型R nineTシリーズはLEDヘッドライトを採用。

全モデルでクラシックな丸型ヘッドライトを採用していたR nineT。
新型モデルではついにLEDヘッドライトが採用となりました。モダンとクラシックが融合したヘリテイジモデルとは言え、これまでのR nineTは一般的なハロゲンバルブ式のヘッドライトであり、その見た目には若干の古臭さもありました。
もちろん「そこがいい」という意見もあるとは思いますが、新型R nineTが採用するヘッドライトは、1800ccの空油冷ボクサーエンジンモデル「R 18」と同形状にも見えるLEDヘッドライトを装備して、よりモダンな印象に。

こちらはBMW R18のヘッドライト。内部構造はR nineTと同様です。

従来モデルのヘッドライトは、普段使う分にはそれほど不満もないのですが、夜間のワインディングに繰り出した際にはコーナーの奥が見えづらく、もう少し光量があっても良いのにと思うこともしばしばで、ワインディング好きの筆者はLED補助ライトの導入を真剣に検討するほどでした。

R nineT新型モデルの資料では、バンク角に応じて照射範囲を変化させるアダプティブヘッドライトの搭載については明言されていませんが、LED方式となったことで従来型よりも照射範囲が改善されていることを期待したいところです。

また、ウインカーについてもヘッドライト同様にLED化されているのもポイント。さらにOption 719のアクセサリーでは、S1000RRのようなウインカーとテール&ブレーキランプが一体となったタイプも発表されています。

いままでオプション扱いだったLEDウインカーが全車標準装備に。
こちらはオプション設定のウインカー&テールランプ一体型ユニット。見たところスーパースポーツS1000RRのユニットと同一のようです。

#5 リヤサスペンションのプリロードアジャスターが全車標準装備に

工具なしでプリロードを調整できるプリロードアジャスターを2021年型R nineTシリーズ全車に装備。

R nineTシリーズは、R nineTのみがフルアジャスタブルの倒立フロントフォークを装備して、その他モデルはすべて正立式フロントフォークを採用しています。
一方のリヤサスペンションは全車で同じユニットを搭載。そのリヤサスペンションには今回全車にプリロードアジャスターが搭載されました。ただし、従来モデル同様に車両によってリアサスペンションのスプリングトラベルは異なっていて、R nineTとPureが120mm、ScramblerとUrban G/Sが140mmの設定です。

#6 カラーフレームモデルが複数登場!

2021年型Option 719のR nineT Scramblerはホワイトのメインフレームを採用。

新型R nineTのさらなるトピックがカラーフレームモデルの登場です。これまでも各モデルで異なるボディカラーを展開していましたが、フレームのペイントが異なっていたのはカフェレーサースタイルのR nineT Racerだけでした。

他のモデルがブラックのフレームを採用するなかでRacerはシリーズで唯一、シルバーメタリックのフレームを採用して、独特の存在感を放っていました。いくら純正や社外パーツを組み合わせれば様々なスタイルが構築できるR nineTではあっても、フレームをペイントするとなると車体の全バラは必須。工賃とペイント代にいくらかかるのか考えるのが怖いほどです。

2021年型ラインアップから外れてしまったR nineT Racer。メインフレームとヘッドパイプまでシルバーメタリックにペイントされていました。

新型R nineTではBMW純正オプションのハイエンドラインとなるOption 719のパッケージとしてカラーフレームモデルが用意されています。
ペイントされるのはエンジン後方のメインフレームのみで、メインフレームとは切り離されているヘッドパイプ側のフレームはいずれもブラックです。

外装カラーとフレームカラーの組み合わせは下の通り。PureとScramblerのみ、ホワイトとレッドの2色のフレームが設定されています。

R nineT Option 719

【外装】ナイトブラック・マット/アルミニウム・マット【フレーム】レッド

R nineT Pure Option 719

【外装】ブラックストーム・メタリック/レーシングレッド【フレーム】レッド
【外装】コスミックブルー・メタリック/ライトホワイト【フレーム】ホワイト

R nineT Scrambler Option 719

【外装】ブラックストーム・メタリック/レーシングレッド【フレーム】レッド

R nineT Urban G/S Option 719

【外装】ブラックストーム・メタリック/レーシングレッド【フレーム】レッド

R nineT Urban G/S “40 Years GS”

Urban G/Sでは、カラーフレームモデルではないものの、GS生誕40周年記念モデルとして“Edition 40 Years GS”が用意されています。

名車R100GSのイメージを落とし込んだグラフィックと、各部のイエロー&ゴールドのパーツが目を引く1台です。

R nineT Urban G/S “40 Years GS”では、R1250GSなどのGS各モデル同様にR100GSをオマージュしたカラーリングとゴールドのクロススポーク、イエローのハンドガード、GSロゴ入りのシート、Option 719のシリンダーヘッドカバーを採用。
さらにこのモデルでは、Scrambler用のアップマフラーを装備しているのも見逃せないポイントです。


ここまで新型R nineTの詳細についてお届けしてきました。初代モデルの登場から時間が経ち、ライバルメーカーたちが次々に充実装備のヘリテイジ系モデルを発表するなか、新たな装備を手に入れて商品力をさらに高めたR nineT。
これだけのアップデートを果たした結果、価格は各モデルで10万円〜15万円ほどのアップ──内容を考えれば「納得」と言える範囲ではないでしょうか。

最後にトピックをもうひとつ。従来はヘラーソケットを装備していたR nineTは、今回からUSBソケットが燃料タンク左下に装備。ユーティリティも向上していますよ。

レポート●土山 亮 写真●BMW

おすすめ記事

【バイク保管パーフェクトツール】小型、軽量、高寿命! 三拍子そろったHYバッテリー 8月22日に配信されるYoutubeライブに中上貴晶選手が生出演! 視聴者豪華プレゼントも用意 現役トラックドライバーのライダーが語る「事故につながるバイクの危険な動き」とは?
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. トリシティ ヤマハ
PAGE TOP