バイク

125㏄に進化して遊べる&使える! 大きいモンキーはどうでしょう?

7月12日に発売されるホンダ・モンキー125。モンキーらしいデザインを受け継ぎつつ、遊べる&使える125ccレジャーモデルとなったその特徴を紹介しよう。

 


■ボディカラーは2色

●車体色はパールネビュラレッド(赤×白)とバナナイエロー(黄×白)の2色を設定。ABS仕様もラインアップされる。

 

 

■エンジンは125㏄OHC単気筒

●エンジンはグロムと同系の空冷125ccOHC2バルブ単気筒で、4速ミッションを組み合わせる。最高出力9.4馬力、最大トルク1.1kgmを発揮する。

 

 

●最大トルク、ギヤ比などの数値はグロムと全く同じだが、開発陣によれば街中での機敏な動きを重視し中~高回転域でのトルクが若干厚くなっているという。

 

 

■ライトまわりはレトロな雰囲気ながらLED採用

●ヘッドライト、テールライト、ウインカーはレトロな丸型デザインとしつつもLEDを採用。

 

 

■反転液晶メーターもラブリー

●丸型の反転液晶メーターを採用。中央に速度計、上部外周には燃料計を表示する。

 

●メーターはキーオンで2つの0の文字が眼のようにウインクする遊び心も盛り込まれている。

 

 

■タンク容量は5.6ℓ

●タンク容量は5.6ℓ。エンブレムは「HM」ロゴ入りの、オールドタイプのウイングマークを採用。

 

 

■モンキーらしいシート形状がいい!

●モンキーらしいデザインとするため、1名乗車の小振りな形状のシートを採用(乗車定員も1名)。

 

 

■フロントフォークは倒立式

●グロム同様フロントサスは倒立フォークを採用。ABS仕様はフロントのみABSが作動する仕組みだ。

 

 

■もちろんリヤはツインショック

●グロムとは異なり、リヤはツインショックを採用。前後ホイール径はいずれも12インチ。

 

 

■意外と大きさが違うのです

●右は2017年に発売された50ccの「モンキー50周年アニバーサリー」。大きさは違えど「モンキーらしい」デザインは継承されている。

 


■Specifications []内はABS

 

【エンジン・性能】種類:空冷4ストローク単気筒OHC2バルブ ボア×ストローク:52.4×57.9㎜ 総排気量:124㎤ 最高出力:6.9kW<9.4ps>/7000rpm 最大トルク:11Nm<1.1㎏m>/5250rpm 燃料タンク容量:5.6ℓ 変速機:4段リターン 【寸法・重量】全長:1710 全幅:755 全高:1030 ホイールベース:1155 シート高:755(各㎜) 車両重量:105㎏[107㎏] タイヤサイズ:120/70-12 130/801-12 【カラー】黄、赤 【価格】39万9600円[43万2000円]

(問)ホンダ 電話0120-086819 http://www.honda.co.jp/motor/

関連記事

  1. かつてCB乗りだったライダーがCB1000Rにハマる理由(後編)…
  2. 【NEW MODEL】KAWASAKI Z900RS CAFE
  3. 【NEW MODEL】HONDA FORZA
  4. よりモダンに美しく SVARTPILEN 701のブロンズカラー…
  5. 【NEW MODELS】YAMAHA TMAX530 DS AB…
  6. 【NEW MODELS】TRIUMPH BONNEVILLE T…
  7. 【NEW MODELS】 KAWASAKI Z900RS CAF…
  8. これぞ究極のデイトナ! トライアンフが新型デイトナMoto2 7…

旅に出よう!

おすすめ記事

山岳路と新しい感動に出会う旅〜信州ツーリングレポ 飯田・高遠・佐久 Part2〜 【NEW ITEMS】国内初となるモタード用16インチホイールが登場 「レザーは冬は寒い」の常識を覆すHYODの冬用レザージャケット 【時代を駆け抜けたバイクたち3】KAWASAKI 900 SUPER FOUR(Z1)&Ninjaシリーズ 【平成バイク大図鑑7】砂漠生まれの実力が旅を進化させた大型アドベンチャーモデルの台頭 【NEW ITEM】HYPERPRO AH1 FRONTFORK ver.1.2 【ツーリング立寄り処】心も体もシャキッとする!涼湯TOP10 エンジンを大幅に改良した新型ストリートトリプルRSがデビュー 日本人体型にフィット! ALPINESTARSのNEWジャケット 【EVENT】第16回 バイクのふるさと浜松2018
クシタニジャケットモニタープレゼント
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP