新車

125㏄に進化して遊べる&使える! 大きいモンキーはどうでしょう?

7月12日に発売されるホンダ・モンキー125。モンキーらしいデザインを受け継ぎつつ、遊べる&使える125ccレジャーモデルとなったその特徴を紹介しよう。

 


■ボディカラーは2色

●車体色はパールネビュラレッド(赤×白)とバナナイエロー(黄×白)の2色を設定。ABS仕様もラインアップされる。

 

 

■エンジンは125㏄OHC単気筒

●エンジンはグロムと同系の空冷125ccOHC2バルブ単気筒で、4速ミッションを組み合わせる。最高出力9.4馬力、最大トルク1.1kgmを発揮する。

 

 

●最大トルク、ギヤ比などの数値はグロムと全く同じだが、開発陣によれば街中での機敏な動きを重視し中~高回転域でのトルクが若干厚くなっているという。

 

 

■ライトまわりはレトロな雰囲気ながらLED採用

●ヘッドライト、テールライト、ウインカーはレトロな丸型デザインとしつつもLEDを採用。

 

 

■反転液晶メーターもラブリー

●丸型の反転液晶メーターを採用。中央に速度計、上部外周には燃料計を表示する。

 

●メーターはキーオンで2つの0の文字が眼のようにウインクする遊び心も盛り込まれている。

 

 

■タンク容量は5.6ℓ

●タンク容量は5.6ℓ。エンブレムは「HM」ロゴ入りの、オールドタイプのウイングマークを採用。

 

 

■モンキーらしいシート形状がいい!

●モンキーらしいデザインとするため、1名乗車の小振りな形状のシートを採用(乗車定員も1名)。

 

 

■フロントフォークは倒立式

●グロム同様フロントサスは倒立フォークを採用。ABS仕様はフロントのみABSが作動する仕組みだ。

 

 

■もちろんリヤはツインショック

●グロムとは異なり、リヤはツインショックを採用。前後ホイール径はいずれも12インチ。

 

 

■意外と大きさが違うのです

●右は2017年に発売された50ccの「モンキー50周年アニバーサリー」。大きさは違えど「モンキーらしい」デザインは継承されている。

 


■Specifications []内はABS

 

【エンジン・性能】種類:空冷4ストローク単気筒OHC2バルブ ボア×ストローク:52.4×57.9㎜ 総排気量:124㎤ 最高出力:6.9kW<9.4ps>/7000rpm 最大トルク:11Nm<1.1㎏m>/5250rpm 燃料タンク容量:5.6ℓ 変速機:4段リターン 【寸法・重量】全長:1710 全幅:755 全高:1030 ホイールベース:1155 シート高:755(各㎜) 車両重量:105㎏[107㎏] タイヤサイズ:120/70-12 130/801-12 【カラー】黄、赤 【価格】39万9600円[43万2000円]

(問)ホンダ 電話0120-086819 http://www.honda.co.jp/motor/

関連記事

  1. 遊び心満載のモンキー125に鮮やかな新色が追加!!
  2. JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集め…
  3. 新型は強気の”下剋上”バイク!? YZF…
  4. 【NEW MODELS】SUZUKI HAYABUSA
  5. 徹底検証!最新125ccクラスのスポーツモデルは公道をどう楽しま…
  6. 【NEW MODEL】ROYAL ENFIELD HIMALAY…
  7. まだまだある、新型のこだわり YZF-R25開発陣インタビュー(…
  8. 【NEW MODELS】KAWASAKI Ninja1000 グ…

おすすめ記事

ヤマハ・セロー250の生産終了で、トリッカーもカタログ落ちか!? 【もう一度乗りたい90年代車】HONDA CB750編 (前編) 【NEW ITEMS】ARAI RX-7X SPENCER 40th 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】07.rpm:メカニックさんに聞く「メンテナンス性ってどうなの?」 思い描く「理想のZ」の形とは? Zを現代に再生させる職人のこだわり 【二輪車関連老舗ブランドの肖像】No.1:二輪用品市場を牽引してきた「南海部品」ヒストリー
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. CBR250RR
  1. CBR250RR
PAGE TOP