新製品

Z900RSが最高に気持ちイー! SP忠男製4in1ショート管が登場

潜在能力を120%引き出したショート管

 

スペシャルパーツ忠男より、人気のZ900RS用の新作エキゾーストがお目見えだ。

目指したのは「最も高性能な4in1のショート管」。Z900RSの潜在能力を120%引き出すべく開発を行い、図太いトルクと豪快な加速を実現している。

クラッチミートの直後から2000rpmに達するまでで、すでにその性能は実感できるほど。さらに3000rpmを超えると笑いが止まらなくなるほどの気持ちよい加速を発揮してくれる。

パワーとサウンドの向上だけでなく、軽量化も実現するショート管。ライトウェイトマシンの快感をぜひ体感して欲しい。

フルエキゾーストの取りまわしは4-1。超軽量のステンレス材を使用し、耐熱ブラックにて仕上げられている。

 

サイレンサー部も超軽量ステンレス製。
排気音量は近接93dB、加速82dB。ドレンボルトやオイルフィルターの交換にも対応している。


■specification■

車種 :Z900RS

製品名:POWER BOX FULL 4 in 1 耐熱ブラック

価格:15万9000円(税抜)

素材:超軽量ステンレス耐熱ブラック塗装アウター/ 超軽量ステンレスサイレンサー

音量:93dB(近接)82dB(加速)

ドレンボルト◯オイルフィルター◯

公道走行可能(適用車種へ装着の場合に限る)

 

■お問い合わせ:スペシャルパーツ忠男

TEL03-3845-2009 FAX03-3844-8449

スペシャルパーツ忠男のホームページはこちら!

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

エリミネーター カワサキ 2023 カワサキ新型エリミネーター試乗「往年のZ-LTDや初代の遺伝子を感じた、新世代エリミネーター」 ヤマハ E01 EV ヤマハ最新EV E01試乗「航続104kmで125ccスクーター同等の実用性」その走りと使い勝手を確かめる インド製バイクの実力はいかに……ホンダ GB350の対抗馬!? ロイヤルエンフィールド ハンター350「シンプルだけどまとまりの良い優秀な1台」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション