新車

もはや侮れない中国車「大排気量モデルが当たり前に!1000cc4気筒スポーツや900cc2気筒アドベンチャーも」EICMA2023レポート

目次

世界最大級の二輪車ショーとも言われる「EICMA」。イタリアのミラノで開催されることから通称「ミラノショー」とも呼ばれ、例年11月に開催される。2023年はプレスデーが11月7日、8日の2日間、一般公開日が9日〜12日の4日間となったが、出展者は過去最多となる2036。そのうち67%が海外45カ国からの出展者だったという。
そのなかには、日本にはなかなか情報が入ってこない中国メーカーも多数。
当記事ではEICMA2023で見た「中国メーカーの今」をレポートする。
中国車に対するアナタの認識が、もしかしたら一気に変わるかもしれない──。

VOGE(ヴォージ)「電子制御満載、900ccの大型アドベンチャーもラインアップ」

「VOGE」(ヴォージ)は、中国の「LONCIN」(ロンシン)が2018年にヨーロッパで立ち上げた新しいブランドだ。
1983年に創業したロンシンは年間250万台を生産する巨大企業だが、ヴォージだけでなく、小排気量バイクとスクーターの「lexmoto」(レックスモト)、電動スクーターの「YADEA」(ヤデア)をグローバルブランドとして立ち上げている。

なおロンシンは2012年に川崎重工と提携を発表したが、合意に至らず協議を終えている。しかし2005年にはBMWと提携し、C400シリーズやFシリーズのエンジンをロンシンと共同開発し、生産はロンシンが行った実績がある。そして2019年にMVアグスタとも提携を発表している。
そんな経歴のあるロンシンだが、当記事ではヴォージが展開するモデルを紹介していこう。

ロードスポーツのBRIVIDO(ブリビド)シリーズは250ccと500ccを展開

「BRIVIDO 250RR」(ブリビド250RR)は、248cc水冷単気筒エンジンを搭載するフルカウルスポーツで、最高出力29ps/9500rpm、最高速129km/h。車重は137kgだ。同シリーズの「BRIVIDO 525RR」(ブリビド525RR)は、494cc水冷並列2気筒エンジンを搭載するミドルスポーツ。最高出力47ps/8500rpm、最高速191km/h。車重は172kg。
スモールストリートファイター「BRIVIDO 125R」(ブリビド125R)は、15psを発生する124cc水冷単気筒エンジンを搭載。車重129kg、最高速110km/h。

「525CU」はブリビド525RRと同じエンジンを搭載するボバーで、ホイール径は前後16インチ。車重は178kgで、最高速は160km/h。

「ヴォージ ブリビド250RR」248cc水冷単気筒エンジンのフルカウルスポーツ。トラクションコントロール、液晶メーター、フルLEDの灯火類など装備も現代的だ。
「ヴォージ ブリビド525RR」494cc水冷並列2気筒エンジンのフルカウルスポーツ。
「ヴォージ ブリビド125R」124.8cc水冷単気筒エンジン搭載のストリートファイター系ネイキッド。シート高は815mmと結構高め。
「ヴォージ 525CU」494cc水冷並列2気筒エンジンを搭載するボバースタイルのクルーザー。スリッパークラッチも搭載されている。

アドベンチャーツアラーVALICO(ヴァリコ)シリーズは同社最大の900ccエンジン搭載車もある

アドベンチャーツアラー「VALICO 525DSX」(ヴァリコ525DSX)も同系エンジンを搭載するが、最高出力はなぜか1ps高い48ps。車重は194kgとなって最高速は160km/h。ホイール径はフロント19インチ、リヤ17インチだ。
VALICO 300 RALLY(ヴァリコ300ラリー)は292cc水冷単気筒エンジン搭載で、最高出力29ps、最高速125km/h。車重は150kg。フロント21インチ、リヤ18インチでオフロード性能を重視したモデルと思われる。

そしてヴォージ最大排気量となる895cc水冷並列2気筒エンジンを搭載するのがアドベンチャーツアラー「VALICO 900DSX」(ヴァリコ900DSX)だ。最高出力94ps、最高速は200km/h。車重は215kgで、フロント21インチ、リヤ17インチという車体構成だ。

「ヴォージ ヴァリコ525DSX」494cc水冷並列2気筒エンジンは出力特性を切り替えられるパワーモードを搭載。前後サスペンションはKYB製、純正タイヤはメッツラー製、タイヤ空気圧センサーも標準装備など、かなり豪華な構成。
「ヴォージ ヴァリコ300ラリー」292cc水冷単気筒のアドベンチャーツアラーでタイヤサイズはフロント3.00-21、リヤ5.10-18。エンジンガードを標準装備する。
「ヴォージ ヴァリコ900DSX」最高出力94馬力の895cc水冷並列2気筒を搭載するアドベンチャーツアラー。パワーモード、クルーズコントロール、クイックシフター、電子制御式ステアリングダンパーなどを装備する。

ネオクラシック系ネイキッドのTROFEO(トロフェオ)

「TROFEO 350 AC」(トロフェオ350AC)は322cc水冷単気筒エンジンを搭載するネオクラシック系のネイキッド。最高出力41ps、最高速158km/h、車重156kgだ。

「ヴォージ トロフェオ350AC」321cc水冷並列2気筒エンジンを搭載。トロフェオシリーズには494cc並列2気筒搭載の「525ACX」もある。

QJMOTOR(QJモーター)「1000ccオーバーの大排気量4気筒のスーパースポーツも開発」

QJMOTOR(QJモーター)は、1985年に創業した中国の車両/エンジンメーカーだ。2005年にはベネリを買収して合弁会社を設立し、現在はベネリブランドを生産するほか自社ブランドにも幅広いラインアップを持っている。
また、2019年にはハーレーダビッドソンとも合弁会社を設立。2020年にはMVアグスタとも提携、さらに中国メーカーとして初の並列4気筒エンジンの開発と生産に成功したことでも知られている。2022年にはサスペンションメーカー・マルゾッキとも提携して中国に生産工場を設立している。
そうした提携が結実したのが、世界初公開となった「SRK800RR」と「SRK1000RC」なる2台のプロトタイプだ。

SRK800RR「ウイングレット付きの800cc並列4気筒スーパースポーツ」

SRK800RRは、778cc水冷並列4気筒DOHC4バルブエンジンを搭載。最高出力は102ps/1万rpm、最大トルクは7.9kgm/8500rpmを発生する。2020年に登場したSRK600RRの進化系だが、600RRでは225kgもあった車重が、800RRでは207kgまで軽量化されている。

「QJモーター SRK800RR」最高出力102psの778cc水冷並列4気筒DOHC4バルブエンジンを搭載する。

SRK1000RC「MVアグスタF4のフレームを用いた1000cc並列4気筒スーパースポーツ」

SRK1000RCは、MVアグスタとの提携によって誕生したもので、並列4気筒エンジンの排気量1078ccに由来する「TEN_78」なるサブネームを持つ。エンジンやフレームはかつてのF4をベースとしており、最高出力144ps、最大トルク11.4kgm。フロントサスペンションはマルゾッキ製。装備重量は198kgとなっている。いずれのモデルも発売時期は未定だ。

「QJモーター SRK1000RC」最高出力144馬力の1078cc水冷並列4気筒DOHC4バルブエンジンを搭載。
「QJモーター SRK1000RC」

CFMOTO「800ccネイキッドやアドベンチャーなど大型車もラインアップ」

「CFMOTO」(CFモト)は、1989年に中国の温州でスペアパーツメーカーとして創業。1997年には初の水冷エンジンを開発し、翌年には自社エンジンを搭載したスクーターを発売。
2022年シーズンからMoto3に参戦しているほか、KTMと合弁会社を設立し、KTMのミドルクラスモデルをOEM生産するなど実績を重ねている。また、キスカ(*)と提携して製作した「800NK」という、もうひとつの790デュークといったムードを放つストリートファイターを生産するなど、ヨーロッパと良好な関係を築いている。
CFMOTO JAPANにより同社製品は輸入されているが、現在のところ4輪バギーのみとなっている。

EICMA2023では現行モデルだけでなく、新開発の675cc並列3気筒エンジンのカットモデルを展示したり、ネイキッドやアドベンチャーのコンセプトモデル、参戦中のMoto3レーサーを展示するなど、意欲的な開発姿勢をアピールした。
また、EVブランドとして「ZEEHO」を展開しており、アグレッシブなデザインの都市型EVの開発、生産も行っている。

MT-Xコンセプト「排気量は800ccか? フロント21インチ、リヤ18インチのオフロード志向アドベンチャー」

「CFMOTO MT-Xコンセプト」既に販売されているアドベンチャーモデル「800MT」のオフロード性能強化版と思しきコンセプト車で、ホイール径はフロント21インチ、リヤ18インチ。
「CFMOTO MT-Xコンセプト」排気量は明確にされていないが、外観からするとエンジンは800MTと同様の799cc並列2気筒と思われる。
「CFMOTO MT-Xコンセプト」メーターは縦型のフルカラー液晶。簡易ナビ的なものも表示できるようだ。

800NK「KTM 790デュークのCFMOTO版と言える並列2気筒スポーツネイキッド」

「CFMOTO 800NK」799ccの並列2気筒エンジンを搭載したスポーツネイキッド(右)。最高出力は100馬で、KTMの790デュークのエンジンと排気量、ボア・ストロークは同値。
「CFMOTO 800NK GP」EICMA2023で発表されたCFMOTO 800NKのハイパフォーマンス版。ブレンボ製ブレーキキャリパーやオーリンズ製リヤショックが装備されている。

450MT「オフロード志向の450cc並列2気筒アドベンチャーツアラー」

「CFMOTO 450MT」最高出力44馬力の449cc並列2気筒を搭載した新型アドベンチャーツアラー。ホイール径はフロント21インチ、リヤ18インチ。

125NKコンセプト「若者をターゲットにした新世代ネイキッド」

「CFMOTO 125NKコンセプト」125ccスポーツネイキッドのコンセプト車で、スイングアームは片持ち式。
「CFMOTO 125NKコンセプト」エアダクト機能(ブレーキ冷却用?)を備えたカーボン製ホイールカバーも特徴のひとつだという。
「CFMOTO 125NKコンセプト」フロント同様、リヤホイールにもカーボン製カバーを装備する。

スーパースポーツ用!? 675cc並列3気筒エンジンを開発中

開発中という675cc並列3気筒エンジンのカットモデル。1万2300回転の領域で最高出力100馬力以上を発揮するという。スリッパークラッチも装備。
675cc並列3気筒エンジン搭載車として紹介されたCG。スーパースポーツモデルのようで、0-100km/h加速は3秒だという。

EVブランドの「ZEEHO」はスポーツモデルも展開

「ZEEHO シティスポーツ/シティクロス」定格出力1.8kWの電動スポーツ車で、キャストホイール仕様が「シティスポーツ」、ワイヤースポークホイール&ブロックパターンタイヤの仕様が「シティクロス」。
「ZEEHO シティモタード」ブレンボ製ブレーキキャリパやオーリンズ製リヤショックなどを採用したモタードルックの電動スポーツ車。

*編集部註:キスカとはオーストリアのプロダクトデザインカンパニー。二輪ではKTM(現在はハスクバーナも)の車両デザインを行っている。

【ダカールラリーで実績を残したオフロードメーカー、宇宙開発企業が手掛ける超高性能EV】

1

2
  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【2020年モデル試乗速報】カワサキ 新型ニンジャ1000SX「スーパースポーツ+ツアラーの究極融合体」 BMWが新型コロナウイルスの影響を考慮し「BMW Motorrad Days Japan」の中止を決定 2024年日本レース写真家協会(JRPA)報道写真展「COMPETITION」が1月に東京、3月に大阪で開催

カテゴリー記事一覧