バイク

よりモダンに美しく SVARTPILEN 701のブロンズカラーのスペシャルエディションが8月登場!

ブラックに統一されクールな雰囲気を醸し出しているSVARTPILEN 701。

ハスクバーナ・モーターサイクルズはそのSVARTPILEN 701のスペシャルエディションとして、「SVARTPILEN 701 STYLE」を全国のハスクバーナ・モーターサイクルズ正規販売店にて2019年8月より発売を開始する。

 

SVARTPILEN 701 STYLE

フラットトラッカーにインスパイアされ生み出されたSVARTPILEN 701のスペシャルエディションとなる「SVARTPILEN 701 STYLE」。

通常モデルとはまた違ったエレガントさをまとっている「SVARTPILEN 701 STYLE」には、印象的なブロンズ、ブラック、シルバーを配色した特別色にスポークホイール、CNC加工されたフットペグ、ハンドルバーエンドミラー等のプレミアムパーツが装備されている。

エンジンとサイレンサーの色も相まってより洗練された雰囲気が見て取れる。
フラットトラックレーサーのサイドゼッケンプレートを模したシートカウルの右サイド部分も非常に美しくまとめられており、バイクはデザインが一番大事なんてライダーも満足できるだろう。

だが、「SVARTPILEN 701 STYLE」はそう言ったデザインを重視するライダーだけでなく、ライディングパフォーマンスが重要というライダーも同じ様に満足できる。

74HPの最高出力と72Nmの最大トルクを発揮するパワフルな単気筒エンジン、正確なハンドリングのためのWP製フルアジャスタブルサスペンションを装備、Brembo製ブレーキと最新のBosch製ABSシステムの組み合わせにより卓越した制動力の発揮し、どんなコンディションでも最高のライディングパフォーマンスを実現できるように設計されている。

 

主要諸元


●発売予定時期:2019年8月

●メーカー希望小売価格:142万円(税込)

●エンジン型式:水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒

●総排気量:692.7cc

●最高出力:55kW(74 hp)/ 8500rpm

●最大トルク:72Nm / 6750rpm

●変速機:6速

●シート高:835mm

●燃料タンク:約12ℓ

●車輌重量:約158.5kg(燃料除く)

●保証期間:2年間

●生産国:オーストリア

 

SVARTPILEN 701 STYLEのハイライト


●シンプルかつ斬新なデザイン

●プレミアム感溢れるスポークホイール

●CNC加工されたフットペグとバーエンドミラー

●市場でも最も進化したシングルシリンダーエンジン

●高品質のコンポーネントとテクノロジーを標準装備

●クイックシフター(アップ/ダウン)

●ライド・バイ・ワイヤースロットル

●最先端のBosch製ABSとBrembo製ブレーキ

●WP製フルアジャスタブルサスペンション

●スリッパークラッチ

●高級感のあるLEDライト

 

CONTACT

問い合わせ先 Husqvarna Motorcycles Japan
URL https://www.husqvarna-motorcycles.com/jp/

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 【NEW MODELS】KAWASAKI Ninja1000 グ…
  2. トライアンフの2019年モデルにモダンテイストなNEWカラーが追…
  3. 匿名係長 第5回 ドゥカティ1199パニガーレの巻(前編)
  4. 匿名係長 第1回 BMW R1200GS(空冷最終型)の巻
  5. 【NEW MODEL】待望の大型単気筒、遂に発売!! 『SVAR…
  6. 【NEW MODEL】HONDA CBR250RR〈ABS〉
  7. JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集め…
  8. 125㏄の機動力を携えてリニューアル!モンキー&スーパーカブが帰…

旅に出よう!

おすすめ記事

【遙かなるグランプリへ5】世界は知っていた…スクランブルレースから始まるヤマハ・GP史(前編) 【バイク熱狂時代は永遠に:3】レプリカヘルメットやスーパークロス……1980年代に流行したバイク用品&バイクジャンル 【NEWS】ベスラブレーキガールイベント、各地で開催中! 2018年で デビュー○周年!【CBX&Z1300&XS1100編】 人気車からレア車(?)まで 編集部員が「手放したくない!」と思うバイクたち(後編) 【ワインディングニッポン】房総&伊豆チャレンジ編 【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その3】400X開発者に聞くフロント19インチ化のポイント 東京オートサロン2019で、敢えて二輪車関連の話題を探してみる その1 【NEW MODEL】HONDA CRF1000L Africa Twin Adventure Sports/〈DCT〉 SPIDI、2018年春夏モデル・怒濤の入荷ラッシュ!!【ジャケット編】
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP