新車

よりモダンに美しく SVARTPILEN 701のブロンズカラーのスペシャルエディションが8月登場!

ブラックに統一されクールな雰囲気を醸し出しているSVARTPILEN 701。

ハスクバーナ・モーターサイクルズはそのSVARTPILEN 701のスペシャルエディションとして、「SVARTPILEN 701 STYLE」を全国のハスクバーナ・モーターサイクルズ正規販売店にて2019年8月より発売を開始する。

 

SVARTPILEN 701 STYLE

フラットトラッカーにインスパイアされ生み出されたSVARTPILEN 701のスペシャルエディションとなる「SVARTPILEN 701 STYLE」。

通常モデルとはまた違ったエレガントさをまとっている「SVARTPILEN 701 STYLE」には、印象的なブロンズ、ブラック、シルバーを配色した特別色にスポークホイール、CNC加工されたフットペグ、ハンドルバーエンドミラー等のプレミアムパーツが装備されている。

エンジンとサイレンサーの色も相まってより洗練された雰囲気が見て取れる。
フラットトラックレーサーのサイドゼッケンプレートを模したシートカウルの右サイド部分も非常に美しくまとめられており、バイクはデザインが一番大事なんてライダーも満足できるだろう。

だが、「SVARTPILEN 701 STYLE」はそう言ったデザインを重視するライダーだけでなく、ライディングパフォーマンスが重要というライダーも同じ様に満足できる。

74HPの最高出力と72Nmの最大トルクを発揮するパワフルな単気筒エンジン、正確なハンドリングのためのWP製フルアジャスタブルサスペンションを装備、Brembo製ブレーキと最新のBosch製ABSシステムの組み合わせにより卓越した制動力の発揮し、どんなコンディションでも最高のライディングパフォーマンスを実現できるように設計されている。

 

主要諸元


●発売予定時期:2019年8月

●メーカー希望小売価格:142万円(税込)

●エンジン型式:水冷4ストロークSOHC4バルブ単気筒

●総排気量:692.7cc

●最高出力:55kW(74 hp)/ 8500rpm

●最大トルク:72Nm / 6750rpm

●変速機:6速

●シート高:835mm

●燃料タンク:約12ℓ

●車輌重量:約158.5kg(燃料除く)

●保証期間:2年間

●生産国:オーストリア

 

SVARTPILEN 701 STYLEのハイライト


●シンプルかつ斬新なデザイン

●プレミアム感溢れるスポークホイール

●CNC加工されたフットペグとバーエンドミラー

●市場でも最も進化したシングルシリンダーエンジン

●高品質のコンポーネントとテクノロジーを標準装備

●クイックシフター(アップ/ダウン)

●ライド・バイ・ワイヤースロットル

●最先端のBosch製ABSとBrembo製ブレーキ

●WP製フルアジャスタブルサスペンション

●スリッパークラッチ

●高級感のあるLEDライト

 

CONTACT

問い合わせ先 Husqvarna Motorcycles Japan
URL https://www.husqvarna-motorcycles.com/jp/

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

  1. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  2. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  3. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  4. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  5. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

【オススメ度NO.1アイテム特集!】頑強ボディをRAMマウント! 調整自在のダブルテイクミラー 【モーサイチャンネル】東京モーターサイクルショー2018 カワサキNEWモデルインタビュー&紹介! 最強モデルはどれだ!? 第3弾 航続距離の長い90~125ccマニュアル車ベスト10
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP