新製品

キジマ・K3ブランドからキャンプ時に重宝するサイドスタンドコースターが発売

キジマはキャンプ用品などを展開する「K3」ブランドより、キャンプ時に便利なサイドスタンドコースターを発売した。

K3・サイドスタンドコースターは、芝生や砂地などサイドスタンドが安定してかけられない場所で重宝するアイテム。サイドスタンドが地面へめり込むことを防ぎ、愛車が転倒する心配を低減することができる。

オイルランタンをモチーフとしたオシャレな形状をしており、置き忘れを防止できるカラビナ付きワイヤーが付属している。

カラビナ付きワイヤーが付属しているので、バイクに跨がったままサイドスタンドコースターを回収することが可能。ワイヤー長は約130cm。

また専用の収納袋も付属しているので、バイクに跨がったままサイドスタンドコースターを回収し、収納袋に収めてウエアのポケットにしまうことも可能。
キャンプツーリングに行くには形状も機能も最適なアイテムと言えるだろう。

カラーラインアップはネイビー、レッド、アイボリーの3種類。
価格はすべて1200円(税別)となっている。

問い合わせ

キジマ

TEL:03-3897-2167
URL:https://www.tk-kijima.co.jp

  1. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  2. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  3. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  4. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  5. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  6. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

最近あまり聞かなくなったけど…エンジンの「タペット音」「タペット調整」とはそもそも何なのか? HondaGOで行きたい場所へ気軽にレンタル 伊豆のインスタ映えを探しに行く!<PR> ガンダム、エヴァ、ウルトラマンがナンバープレートに! アニメや特撮とコラボしたご当地ナンバープレート5選
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP