新製品

アライの最高峰フルフェイス「RX-7X」に、「龍」を描いた清成龍一選手モデルが登場

アライは、フラッグシップフルフェイスヘルメットのRX-7Xの新グラフィックモデル、「RX-7X KIYONARI TRICO(キヨナリ・トリコ)」を発売した。

RX-7X KIYONARI TRICOは、BSB(ブリティッシュ・スーパーバイク選手権)で3度のチャンピオンに輝き、鈴鹿8耐では4度の優勝を成し遂げ、今年は全日本ロードレース選手権JSB1000クラスにケイヒン・ホンダドリームSIレーシングから参戦している清成龍一選手モデル。トレードマークの龍を白×青×赤のトリコロールカラーで描いた迫力あるレプリカグラフィックが特徴だ。

JIS規格とスネル規格をクリア。価格は、6万1000円(税別)で、54、55-56、57-58、59-60、61-62(各cm)の5サイズをラインアップする。

問い合わせ先

アライヘルメット
電話:048-641-3825
https://www.arai.co.jp

  1. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  2. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  3. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  4. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

【NEW MODEL】TRIUMPH SPEED TRIPLE RS 静岡県浜松市に12月7日から「カタナ駅」誕生! スズキが天竜浜名湖鉄道のネーミングライツに契約 CB1300SF/SBに発売30周年記念モデルを設定
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP