新製品

冬でも走るライダーの強い味方! キジマのグリップヒーターがリニューアル

キジマは、使い勝手のよさと握りやすさで人気となったグリップヒーター、GH07の後継モデル、GH10を発売した。

30〜31㎜の外径のものが多いノーマルのグリップに対し、2015年に発売されたGH07は、実測で33㎜という細さとオン・オフや温度調整を行える一体化スイッチにより、スマートな使い勝手を実現して一躍ヒットアイテムとなった。

新たに発売されたGH10のグリップ外径は、さらに1㎜小さい32㎜を達成。同時に、スロットルパイプ一体式とすることで取り付け作業を大幅に簡略化している。

●スロットルケーブル巻き取り部は車種に合わせて選択可能

温度の調整方法は定評あるGH07を踏襲。左側グリップ部のスイッチを長押しすることでオンになり、1回スイッチを押すごとに20%ずつ5段階で温度が変化する。起動時にバッテリーが12.5V以下だと起動せず、使用中に11.5V以下になると自動でオフになる電圧制御機構も備わる。

●設定温度はスイッチのLEDで確認可能

貫通タイプと非貫通タイプの両方に対応し、純正バーエンドを装着するほか、非貫通タイプ用のエンドキャップも付属する。

●左は付属エンドキャップ使用時、右は純正バーエンド使用時

価格は1万6000円(税別)で、対応ハンドル径は22.2㎜。内長117mmの120mmタイプと同127mmの130mタイプをラインアップする。

CONTACT

問い合わせ先キジマ
URLhttps://www.tk-kijima.co.jp

おすすめ記事

【NEW MODELS】新型「SWISH(スウィッシュ)」を発売 B+COM SB6Xを更に使いやすくするモバイルアプリが10月11日に登場予定! 【CLOSE UP!】WILD WING WWM-0003 スワロー 【バイク熱狂時代は永遠に:4】1980年代に若者が集った「上野バイク街」の現在 歴史を彩った名車シリーズ HONDA CB72 Type-1 【EVENT】夏休みの工作にピッタリの「ものづくり教室」! ヤマハ発動機とヤマハが共同開催
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP