ウエア

【CLOSE UP!】ARAI XD

アライからハードテイストのニューヘルメットが登場

「パワー」を表現するフォルム

アライの公式ツイッターで登場が予告され、その後、国内外のイベントで実物が披露された新モデル「XD」。多くの人がその外観に驚かされたことだろう。キャッチフレーズは「唯我独走」。たくましさ、力強さ、無骨さ……そんな印象を与えるデザインは、主にクルーザーモデルに乗るライダーのニーズに応えるものとして生まれたという。

彼らがアライに求めたのは、アメフト選手やラグビー選手の鍛え抜かれた体のようなマッチョなフォルム。それを達成するために、アライはチンガード(あごを保護する部分)により力強いイメージを付与することを目指して製品設計を進めた。

アップライトな乗車姿勢に合わせた設計で、スタイルも含め、ネオレトロモデルなどにもマッチ。

デザイン重視といえども、安全性と快適性をおろそかにすることはない。強じんで粘り・剛性に優れた「PBーcLc」帽体に、衝撃をかわすための曲面を最大限確保するためのシールドシステム「VAS」を組み合わせ、世界で最も厳しいと言われる安全基準「スネル規格」もクリアしている。

オプションで日差しから視界を守る「VAS-Vプロシェードシステム」(7560円)やシールドの曇りを防ぐ「VAS-V MV ピンロック 120」(3024円)を装備可能。

帽体のみならずダクト内への走行風の進入も防止し、静粛性アップにも貢献するスライドシャッターを採用した前頭部の「XDFダクト」と、3つのダクト穴から帽体内の熱気を強力に排出する「XDRダクト」を装備。「アストラル-X」のダクトと似ているが、細部の形状が異なる専用設計となっている。

専用設計のベンチレーションシステムや頭部を深く包み込む「エコピュアー」内装が生み出す安らぎは、ライダーを心晴れ晴れとした旅へと導いてくれる。

 

あご部に流れる空気を利用し、効率よく帽体内部を換気する「サイドスリットエアーチャンネル」。XDマウススリットと合わせ、ほおをなでるような心地よい風を感じさせてくれる。

オプションの「ESチンカバーV」(1944円)。あご下の不快な風の進入を防ぎ、口元の空気を負圧によって排気する。

抗菌・消臭・防汚素材「エコピュアー」採用の内装。脱着可能で、オプションによるフィット感調整もできる。

サイズ:54、55-56、57-58、59-60、61-62 カラー:グラスホワイト、グラスブラック、フラットブラック 規格:スネル、JIS

価格●4万9680円(ソリッドモデル) 問アライヘルメット ☎048-641-3825 http://www.arai.co.jp/

(report●林 康平 photo●吉田悠太)

 

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

ファンでなくても知っておきたい!? スーパーカブ雑学大辞典:前編 「気分はスーパーバイクチャンピオン!」アライRX-7Xにジョナサン・レイ選手のレプリカモデルが登場 人気スポーツのYZF-R3/R25の2020年モデルはシルバー、ブルー、ブラックの3色展開 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】05.rpm:My VITPILENに装着した純正アクセサリーを徹底紹介しちゃうゾ! 【NEW MODELS】SUZUKI GSX-R750 【NEWS】タナックスのイベント「第1回タナフェス WEST in ZERO-BASE」が開催を延期
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP