用品・グッズ

「アライ アストロ-GX」のカラーリングモデル第一弾 、「アストロ-GX FACE」が6月発売!

多くのツーリングユーザーから愛されてきたアライ・アストラルXの後継モデルであり、「ツーリング特化型最高峰フルフェイス」として誕生したアライ・アストロ-GX。
高い安全性能を追求したうえで、さらにツーリングを快適にすべく、アストロ-GXではベンチレーション機能の強化、空力パーツの採用、インカム装着の配慮などが行われました。

そのアストロ-GXのカラーリングモデル第一弾として、「アストロ-GX FACE」(フェイス)が6月下旬に発売されます。
ツーリングだけでなく、ストリートユースからサーキット走行まで、様々なシーンにおいて映えるオールラウンダーの顔(FACE)を表現したグラフィックで、赤、青、グレー(つや消し)の3色がラインアップ。
価格は各色とも6万6000円で、赤と青のGTスポイラー(後頭部の空力パーツ)は半透明状のカラーとなります。

アストロ-GX フェイス・青

アストロ-GX フェイス・赤

アストロ-GX フェイス・グレー

ヘルメット下端、アゴの部分にある「Drudi Performance」(ドゥルディ・パフォーマンス)の文字に注目してほしいのですが、これはイタリアのアルド・ドゥルディ氏のデザインによるものを示すもの。
ドゥルディ氏はケビン・シュワンツ選手、バレンティーノ・ロッシ選手、マルク・マルケス選手などのヘルメットデザインを手掛けており、全体としては落ち着いた雰囲気のアストロ-GX FACEですが、どことなくレーシーな雰囲気もあるのはそのせいでしょうか──。

まとめ●モーサイ編集部・上野 写真●アライヘルメット

CONTACT

アライヘルメット
TEL:048-645-3661
https://www.arai.co.jp/jpn/top.html

おすすめ記事

テクニクスがサスペンションモディファイの試乗会を開催 ムック『Honda アドベンチャー 完全ファイル』が5月31日に八重洲出版より発売!!最新アドベンチャー7台を徹底検証 バイク好き、クルマ好き注目 「ふるさと納税」をうまく使えば2000円で「TONE」の工具が揃う!? 大阪府河内長野市の返礼品に190種の工具があった
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP