用品・グッズ

「ガソリン添加剤、選ぶならどれ?」バイク用品店ライコランドTOKYO BAY東雲店スタッフに聞きました

ガソリンタンクに入れるだけで、フューエルラインや燃焼室を洗浄し、良好な状態をキープしてくれるガソリン添加剤。しかし、世の中にはいろいろな添加剤がある。一体どれを選べばいいのか?プロの意見を聞いてみた。

今、一番勢いがあるのはシュアラスター「ループ パワーショット」

経験豊富なスタッフが揃うライコランドTOKYO BAY東雲店で、イチ押しを聞いてみた。
「今、勢いがあるのはシュアラスターのループ パワーショットです」と教えてくれたのは、ライコランドTOKYO BAY東雲店パーツ担当の平峯 茂さん。

「80mlというサイズが絶妙で、バイクのタンク容量にぴったり。1回使い切りだから手軽なんです」と売れている理由を分析する。添加率は決まっているため、容量の多い製品だと、たとえば満タン時に3分の1だけ計って入れて、という作業が意外と面倒。ループならガソリン13〜20Lに1缶入れるだけと簡単なのだ。

「もうひとつの理由は、洗浄力。2種類の洗浄成分で、インジェクターもバルブも燃焼室内もきれいになる。実は私の愛車にも入れているんです。それまでアイドリングや低回転域が不安定だったんですが、これが安定し、エンジンがストールすることがなくなりました!」と、自らその効果を実感していた。

シュアラスター ループ パワーショットとは?

シュアラスター ループ パワーショット。容量80mLで、価格は880円。

ループ パワーショットのリアルな効果は「パワー/レスポンスの改善」「燃料系統や燃焼室の洗浄」「クリーンな状態をキープ」してくれる点。

洗浄成分PEAとPIBAという2種類の洗浄成分をW配合し、洗浄力を高めている。下のループ パワーショット添加前・添加後の写真を見比べてほしい。570km走行した後のピストン・ヘッド部は、汚れが見事に除去されている。
更にパワーショットは、特殊潤滑成分を配合。ピストンの負荷を軽減させるため、スムーズな乗り心地を実現してくれる。

ループ パワーショット添加前のピストンヘッド。
ループ パワーショットを添加して約570km走行後のピストンヘッド。

1本1回使い切り、だから使いやすい!

また、ループパワーショットは潤滑剤が含まれているのも特徴。ピストンなどの負荷が軽減し、アクセルレスポンス向上、エンジン回転の伸びの改善、馬力/トルクアップなどを体感しやすくなる。試したライダーからは、「明らかにレスポンスと伸びがよくなった」「サーキットでシフトチェンジの場所が変わった」など、効果を実感できたという声が多い。

「800円という価格ですから、お店に寄ったついでに買ってくれる人もいます。その多くが、効果を実感し、リピーターになってくれている。ツーリングやサーキットに行く直前に入れる、というお客様もいますよ。また冬眠させていたバイクを目覚めさせるときに、1本入れておくのもいいですね」と平峯さん。

確実な効果と手軽なサイズ、そして手を伸ばしやすい価格。春のツーリングに出かける前に、ループパワーショットで愛車をリフレッシュしてあげてほしい。きっとツーリングがもっと快適で楽しいものになるはずだ。

取材に協力してくれたのはライコランドTOKYO BAY東雲店

圧倒的な品ぞろえを誇る都内屈指の大型バイク用品店で「ライダーの聖地」とも言われている。
他では置いていないマニアックなアイテムも、ここなら きっと見つかる。専門的な知識と技術を持ったスタッフ ばかりだから、安心して愛車を任せられる。バイクライ フに困ったら、まずはここに行ってみよう!

ライコランドTOKYO BAY東雲店パーツ担当の平峯 茂さん。さまざまなアイテムの最新事情に精通、もちろんケミカル類にも詳しい用品の達人だ。

シュアラスターには洗車グッズも!
新製品「シュアラスター バイクシャンプー」

シュアラスターから、バイク用に開発されたシャンプーが登場!
浸透性に優れるアルカリビルダーの効果で、バイクによく見られる油汚れをしっかりと洗浄してくれる。希釈不要の泡スプレータイプだから、いつでも簡単に洗車可能。泡切れがよく、素早く洗車できるのもうれしい。コンパウンドを含まないため塗装面も痛めず広範囲に使用できる。細かい隙間も洗車しやすい専用スポンジも付いてくる!
洗車にこだわる人は、ぜひ試してみては?

2021年4月発売、参考価格1320円(スポンジ付き)

まとめ●太田力也(モーターサイクリスト) 写真●澤田和久

おすすめ記事

【最新快適アイテムガイド ワイズギア・テネレ700用パフォーマンスダンパー】車体の制振で上質な走りを!  【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史1】二大航空機企業が選択したスクーター開発(〜1946年) イメージがガラリと変わる! モンキー125をドレスアップするHONDAエンブレムが発売
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP