用品・グッズ

クシタニ「アロフトジャケット」体温を外に逃さないだけでなく、冷たい雨と風もシャットアウトする万能な1着

外気の遮断と体温の保持をバランス良く実現した「アロフトジャケット」

防寒のポイントは2つある。1つは外部の冷気を遮断すること、もう1つは体温を逃さないことだ。当記事で紹介するクシタニの「アロフトジャケット」は、この2つの防寒機能をバランス良く併せ持つことで、高い防寒性能を実現している。

クシタニの「アロフトジャケット」。防寒性能を高める工夫が随所に盛り込まれている。

ライディングジャケットの基本的な防寒性能は、アウターの生地の性能やファスナー部の処理、保温インナーの中綿素材などによって変わる。それは「アロフトジャケット」を見れば一目瞭然だ。

 このジャケットは、フロントファスナーの前に二重のカバーが備わり、ウエスト調整ベルトやストームガードを装備するなど、冷気の侵入を徹底的に防止する。初期耐水圧3mm以上、透湿性1万7000g/m2・24hというレインウエア並みの性能を持つTPUラミネーションが、生地自体に高い防風性を与えつつ、内部の湿気を排出し汗冷えも防いでくれる。

フロントファスナーの前には二重のカバーが備えられ、冷気の侵入を防ぐ。

 加えて、中綿として保温力に優れるグレーダックダウン(羽毛)を使った、リアルダウンジャケット製インナーを標準装備。外気の冷たさも遮断するだけでなく、ウエア内の暖かさもしっかりと保てるこのジャケットなら、雨風はもちろん冬の寒さも怖くない!

単体でも使うことができる標準装備のインナー。

また、単体でも使うことができる標準装備のインナーは、中綿にダウン70%+フェザー30%を採用したリアルダウンジャケットとなっている。

インナーのファスナーはアウターのファスナーとの干渉を防ぐような位置に配されている。首元の快適性を高めてくれる効果もあるこのオフセットファスナーも、クシタニのならではのこだわりポイントだ。

裾部分からの外気の侵入を防ぐストームガード。

更にスソには、外気の侵入を防ぐストームガードを設置。フロントファスナー部には雨の侵入を防ぐ折り返しフラップも採用する万全の防寒装備だ。ファスナー内側には別売りのコロイドブレストパッド(1万3200円)などを装着可能することもできる。

価格●6万4900円 サイズ●S~XL カラー●ブラックアウト、オレンジ

上腕部のエアインテークはボタン留めで開いたままにできる。
背中には開口面積を調整できるエアアウトレットが備わっている。
フィット感を高めると共に、走行風による生地のばたつきを防ぐため、腕に2か所のアジャスターを配備。
左右別体のウエストベルトはサイズの調整に便利なだけではなく、走行中のバタつきや外気の侵入を防ぐのにも効果的。

まとめ●モーサイ編集部 写真●茂田羽生

お問い合わせ

クシタニ ☎053-441-2516

クシタニ公式ホームページ

おすすめ記事

ヤマハがヘッドライトのデザインを変更したボルトの2020年モデルを発表 キムコのフラッグシップスクーター、AK550が価格改定&サポートフェアを開催 人気バイクTV・MOTORISE、 2021年1月は女性ライダーたちのキャンプツーリングを放送!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP