ホンダ ホーク11試乗「オフロード車から生まれたカフェレーサー」は正統派ロードスポーツだった【コンセプト&エンジン編】

ホーク11 ホンダ カフェレーサー
2022年4月に発表となったホンダ ホーク11。発売は2022年9月29日で価格は139万7000円、車体色はパールホークスアイブルー(左)、グラファイトブラック(右)の2色をラインアップ。
ホーク11 ホンダ ブルー
ホンダ ホーク11(パールホークスアイブルー)。エンジン/メインフレームはCRF1100Lアフリカツイン由来ではあるが、スイングアーム、前後サスペンションなど含め、直接的にはツアラーモデル・NT1100がベースと言える
ホーク11 ホンダ リヤビュー
ホンダ ホーク11(パールホークスアイブルー)
ホーク11 ホンダ ブラック
ホンダ ホーク11(グラファイトブラック)
ホーク11 ホンダ リヤビュー
ホンダ ホーク11(グラファイトブラック)
ホーク11 ホンダ エンジン
ホーク11の1082cc OHC4バルブ並列2気筒エンジン。電子制御面は出力特性切り替え、トルクコントロール、エンジンブレーキ制御、ウイリーコントロールが搭載される
ホーク11 ホンダ エンジン
ホーク11はマニュアルトランスミッション一択。一次減速比、1〜6速の変速比はCEF1100Lアフリカツインのマニュアルトランスミッション車と同様(二次減速比は異なる)
ホーク11 ホンダ ハンドル ミラー
ハンドルグリップ先に位置する独特なバックミラー。前方視界は非常にスッキリしたものとなっている
ホーク11 ホンダ メーター
シンプルな丸型液晶メーター。ライディングモードを切り替えると、P=出力特性、T=トルクコントロール、EB=エンジンブレーキコントロールがそれぞれ変化する
ホーク11 ホンダ ハンドル ミラー
左スイッチボックスにはライディングモード切り替え、メーター表示項目切り替えスイッチが配置されるが、シンプルにまとめられている
ホーク11 ホンダ ハンドル ミラー
右スイッチボックスはセル&キルスイッチのみ
ホーク11 ホンダ タンク
燃料タンクの容量は14L。実走ベースの燃費から考えると、航続距離は300〜350km程度となるだろう
ホーク11 ホンダ 足つき ライディングポジション
身長170cmのライダーがまたがった様子(シート高は820mm)
ホーク11 ホンダ 足つき ライディングポジション
身長170cmのライダーがまたがった様子(シート高は820mm)
CRF1100L アフリカツイン ホーク11
2019年に登場したCRF1100Lアフリカツイン。同車をベースにNT1100、ホーク11がプラットフォーム展開で生み出されている
CRF1100L アフリカツイン フレーム ホーク11
CRF1100Lアフリカツインのスチール製ダブルクレードルフレーム。リヤフレームはアルミ製の別体式。ディメンションの調整などはあれど、NT1100、ホーク11にほぼそのまま活用されている
CRF1100L アフリカツイン エンジン ホーク11
CRF1100Lアフリカツインの1082cc OHC4バルブ並列2気筒エンジン(マニュアルトランスミッション仕様)。最高出力102ps/7500rpm、最大トルク10.7kgm/6250rpmの性能が与えられている
CRF1100L アフリカツイン エンジン ホーク11
CRF1100Lアフリカツインの1082cc OHC4バルブ並列2気筒エンジン(写真はマニュアルトランスミッション仕様)。エンジンだけで言えば、レブル1100、NT1100、ホーク11と3車種に活用されている
NT1100 ホンダ
2022年モデルとして登場したツアラーモデルのNT1100。オンロード用の前後17インチホイールはもちろんだが、スイングアームと前後サスペンションもCRF1100Lアフリカツインから変更されている
ホーク11 ホンダ
ホーク11。スイングアーム、前後サスペンション、ホイールはNT1100のものを活用している
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. カワサキ KLX230SM解説「久々の国産モタード登場!さすがDトラッカーでブームを先駆けたカワサキ」 KLX230SM カワサキ
  2. 【元警察官】に聞く「あおり運転」されたら一般人(私人)でも現行犯逮捕できる? 誤認だったらどうなる?
  3. 【元警察官】に聞く「パトカーや白バイの高速追尾や路駐」って合法!? なんかズルく感じるんだけどっ!
PAGE TOP