「今やハーレーのエンジンは2000cc級」2022年型なら最大排気量車に100万円安く乗れる!?

2022年現在ハーレダビッドソンで最大の排気量を誇る空冷Vツインエンジン「ミルウォーキーエイト117」(1923cc)
2022年型ローライダーS。従来型はミルウォーキーエイト114(1868cc)を搭載していたが117(1923cc)にアップグレード。お値段281万8200円〜
ローライダーST。ローライダーSがベースで、大型のカウルとサドルバッグを装備する(写真は海外仕様)。お値段306万200円〜
ストリートグライドST。ストリートグライドスペシャルの上級バージョンとして新登場。お値段393万5800円〜
ロードグライドST。こちらはロードグライドスペシャルの上級バージョンといえる存在(写真は海外仕様)。お値段393万5800円〜
ストリートグライドSTのインパネ。「バットウィングフェアリング」内側に組み込まれたオーディオのサウンドもイイ!
ローライダーS・ガンシップグレー
ローライダーST・ビビッドブラック
ストリートグライドST・ビビッドブラック
ロードグライドST・ガンシップグレー
2022年型CVOロードグライドリミテッド。カスタム感満点のカラーリングも特徴(写真は海外仕様)。お値段553万8500円〜
2022年型CVOストリートグライドの「ハイテールイエローパール」(写真は海外仕様)。お値段505万3400円〜
この画像の記事ページへ
  1. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  2. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  3. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  4. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

  1. 返礼品は「マンホールの蓋デザイン権」設置場所も選べる!! 島根県吉賀町のふるさと納税が内容も寄付額もぶっ飛んでる件
  2. バイクのオークション落札相場、20年〜22年の2年間で約6万円も高騰!! クルマも高騰している?
  3. 「麻績」「巨椋」「南風原北」読める? 全国の“難読”インターチェンジ名5選
PAGE TOP