「ハンドリング激変!」ホンダ GB350とブリヂストン定番バイアスタイヤBT46のマッチングに驚く

ホンダ GB350のタイヤサイズはフロント100/90-19、リヤ130/70-18。純正以外の選択肢は意外と少なく、ブリヂストン BT46は貴重なリプレイスタイヤの候補だ
ブリヂストン BT46 GB350
ブリヂストン バトラックスBT46のフロント。ウエット路面での接地感向上、偏摩耗抑制のため、従来型BT45とパターンが逆に変更されている
ブリヂストン BT46 GB350
ブリヂストン バトラックスBT46のリヤ。従来型BT45からパターンも変更、シリカ配合のシングルトレッドゴムを採用しウエット性能を向上させている
BT46 ブリヂストン GB350
ブリヂストン バトラックスBT46のフロント。ブリヂストンによれば、耐摩耗性は前後ともBT45同等のレベルが確保されているという
BT46 ブリヂストン GB350
ブリヂストン バトラックスBT46のリヤ。トレッドには「BT46」のロゴが描かれている
ダンロップ GT601 GB350
GB350純正・ダンロップ GT601のフロント。Hレンジの100/90-19は、既存のGT601には存在しなかったサイズだ
ダンロップ GT601 GB350
GB350純正・ダンロップ GT601のリヤ。市販品そのままではなく、専用チューニングが施されていると思われる
BT46 ブリヂストン GB350
ブリヂストン BT46のフロント。純正ダンロップ GT601とプロファイルに差異はなく、ホイール装着時の外径と幅も同様だった
ダンロップ GT601 GB350
GB350純正・ダンロップ GT601のフロント(約3000km走行した状態)
BT46 ブリヂストン GB350
ブリヂストン BT46のリヤ。純正ダンロップ GT601とプロファイルに差異はなく、ホイール装着時の外径と幅も同様だった
ダンロップ GT601 GB350
GB350純正・ダンロップ GT601のリヤ(約3000km走行した状態)
BT46 ブリヂストン GB350
ブリヂストン BT46を装着したホンダ GB350。トレッドパターンはトラディショナルなものなので、GB350の雰囲気を崩すこともないだろう
BT46 ブリヂストン GB350
ブリヂストン BT46のフロント(ほぼ新品状態)
BT46 ブリヂストン GB350
ブリヂストン BT46のリヤ(ほぼ新品状態)
ダンロップ GT601 GB350
GB350純正・ダンロップ GT601のフロント(約3000km走行した状態)
ダンロップ GT601 GB350
GB350純正・ダンロップ GT601のリヤ(約3000km走行した状態)
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. 涼しくて道路も貸し切り!!「朝活」ツーリングで聞きたいシーン別バイクに合う音楽10選【Episode5】
  2. 「エンジンの楽しさを絶やしたくない」純正部品大手・日本ピストンリングが旧車オーナー向け個人販売を開始した思いとは
  3. 今日のバイカー1ショット「なにしろブラックアウトがカッコよくて」
PAGE TOP