ホンダ・モンキーの原点誕生から60年!! 4ミニ人気を牽引したモンキーとライバルの激闘史【 1970年代前半編】

1961年に多摩テックへ導入されたZ100。
1967年に国内でも発売された、ホンダ・レジャーバイク第1弾となる初代モンキーZ50M。ハンドルとシートを畳めばクルマのトランクに搭載できることで注目を集めた。全長1145×全幅610×全高790mm、軸距810mm、車重47.5kg。当時価格6万3000円。
1969年にボディを大型化して登場したモンキーZ50A。ホイールが5インチから8インチに変更になったほか、バッテリーを搭載するなど電装系の強化・充実化が行われた。全長1255×全幅580×全高875mm、軸距875mm、車重55kg。当時価格6万3000円。
写真はホンダ・レジャーバイク第2弾であるダックスホンダが採用していたフロント部をボディの分離機構を採用した、セパレートタイプのZ50Zは1970年に登場。全長1255×全幅580×全高875mm、軸距875mm、車重55kg。当時価格6万3000円。
1971年発売のスズキ・ホッパー50。ポリエチレン製のタンクを採用するなど新しい試みも見られた。全長1340×全幅700×全高880mm、軸距940mm、車重62kg。当時価格7万2000円。
1972年発売のスズキ・バンバンRV50。前年に登場したバンバン90の兄弟車。デラックスモデル(価格8万円)にはツートーンシートとエアポンプを装備。全長1650×全幅775×全高955mm、軸距1095mm、車重79kg。当時価格7万8000円。
1973年発売のヤマハ・チャピィ。全長1570×全幅665×全高925mm、軸距1050mm、車重75kg。
1974年にフルモデルチェンジしたモンキーZ50J。リヤサス&スイングアームとなり、リヤキャリヤが標準装備となった。全長1325×全幅615×全高855mm、軸距895mm、車重61kg。当時価格7万9000円。
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. 今や原付二種にもマスト! バイクのABS義務化「価格への影響は小排気量ほど辛い……」
  2. 微妙な色の純正ホイールを高級感あるゴールドに! 90年代隠れ名車「カワサキZZR600」リフレッシュ計画【第14話】
  3. 『モーターサイクリスト』8月号は7月1日発売!! 付録はクシタニデザインネックゲイター
PAGE TOP