ヒストリー

ホンダ・モンキーの原点誕生から60年!! 4ミニ人気を牽引したモンキーとライバルの激闘史【 1970年代前半編】

1960年代から小さな車体とタイヤの可愛らしさ、チューニングの自由度の高さなどにより支持されてきたホンダ・モンキー。
長らく4MINI人気の牽引役として市場をリードしてきたモンキーだが、2017年発売の50周年スペシャルを最後に生産が終了。2018年に大きな車体と125ccエンジンを採用する新世代モデルへと生まれ変わったことは記憶に新しい。

新型が登場したことで旧型モンキーの中古車価格が一時的に高騰したものの、現在は落ち着いてきているので、これを機にカスタマイズベースとして選択する人もいるだろう。
そこで改めて、モンキーとライバルモデルの辿ってきた歴史を振り返っていく。長い歴史のあるだけに、モデルの移り変わりとその時代ごとのライバルモデルを何回かに分けて紹介したい。

第1回目はモンキーの誕生から1970年代前半までを、ダイジェストで振り返ってみよう。

子供向け遊具から始まった“モンキー”

1961年に東京・日野市で開園し、2009年に歴史の幕を下ろした多摩テック。ここで使われる子供向け遊具として開発されたZ100がモンキーの原点だ。

1961年に多摩テックへ導入されたZ100。

小さなフレームに前後リジッドサスペンションと5インチホイール、そしてスーパーカブの50ccエンジンを搭載した、本格的なエンジン付き遊具だった。

ホンダはこのZ100を公道向けにリファインしたCZ100を海外へ輸出して好評を博した。そして1967年に、国内向けに専用開発した初代モンキーが誕生したのであった。

1967年に国内でも発売された、ホンダ・レジャーバイク第1弾となる初代モンキーZ50M。ハンドルとシートを畳めばクルマのトランクに搭載できることで注目を集めた。全長1145×全幅610×全高790mm、軸距810mm、車重47.5kg。当時価格6万3000円。

ユーザーから好評を博したモンキーは、1969年7月にフルモデルチェンジを受ける。車体を大型化してフロントフォークが装備されるなどしたほか、前後ホイールを5インチから8インチに大径化して装備を充実化。バッテリーを搭載してウインカーが標準装備となり、安全性の向上も図られた。

1969年にボディを大型化して登場したモンキーZ50A。ホイールが5インチから8インチに変更になったほか、バッテリーを搭載するなど電装系の強化・充実化が行われた。全長1255×全幅580×全高875mm、軸距875mm、車重55kg。当時価格6万3000円。
写真はホンダ・レジャーバイク第2弾であるダックスホンダが採用していたフロント部をボディの分離機構を採用した、セパレートタイプのZ50Zは1970年に登場。全長1255×全幅580×全高875mm、軸距875mm、車重55kg。当時価格6万3000円。

モンキーブームとライバルの登場

1970年代こそモンキーブームが本格化した時代の始まりといえる。もちろん、ライバル各社も静観するわけがない。

まず動いたのがスズキだ。1971年に8インチのノービータイヤを前提にしたフレームへフリー50のエンジンを搭載した、レジャーモデルのホッパーを発売。斬新なスタイルでモンキーを追撃するのだ。

1971年発売のスズキ・ホッパー50。ポリエチレン製のタンクを採用するなど新しい試みも見られた。全長1340×全幅700×全高880mm、軸距940mm、車重62kg。当時価格7万2000円。

続いてスズキは1972年に、5.40サイズと太いレクタングルタイヤを履かせたオフ感覚のレジャーモデル、バンバンRV50を新発売。このタイヤによる走破性は抜群で、原付であることを忘れさせてくれるに十分な性能を誇っていた。

1972年発売のスズキ・バンバンRV50。前年に登場したバンバン90の兄弟車。デラックスモデル(価格8万円)にはツートーンシートとエアポンプを装備。全長1650×全幅775×全高955mm、軸距1095mm、車重79kg。当時価格7万8000円。

バンバンが登場した翌年の1973年、ついにヤマハが市場へ参入してくる。

まずロングシートとアップハンドルの車体にフロントはスポークホイールながらリヤへ極太小径タイヤを履くジッピィを発売。続けて女性向けのチャピィを発売して本格的な追撃を開始する。

1973年発売のヤマハ・チャピィ。全長1570×全幅665×全高925mm、軸距1050mm、車重75kg。

ライバルの登場と猛追で、本家モンキーは5年ぶりとなるフルモデルチェンジを受ける。1974年2月にリヤ・リジッドサスペンションだったフレームを刷新して、スイングアームとツインショックを装備。4リットル容量の新デザインタンクへ変更されたのだ。

1974年にフルモデルチェンジしたモンキーZ50J。リヤサス&スイングアームとなり、リヤキャリヤが標準装備となった。全長1325×全幅615×全高855mm、軸距895mm、車重61kg。当時価格7万9000円。

フルモデルチェンジでさらなる魅力を獲得したモンキー。もちろん、その進化をライバルメーカーが傍観するはずはない。1970年代後半に突入し、レジャーバイクカテゴリーではさらなる激戦が繰り広げられる反面、いわゆる“ソフトバイク”の台頭により、意外な影響を受けることになるのである。

次回は国産バイク業界が空前の盛り上がりを見せる、1970年代後半のモンキー&ライバルヒストリーを紹介しよう。

text●増田 満/編集●モーサイ編集部・日暮

おすすめ記事

ディスプレイに後方視界を表示! 次世代型ヘルメット「クロスヘルメットX1」が国内クラウドファウンディングでスタート 【NEW ITEM】ALPINESTARS WAKE AIR JACKET 一度使ったら手放せない!!  快適ツーリング必須アイテム ウェア編
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP