パーキング・メーターにバイクを止めることはできるのか? 真相を警視庁に聞いてみた

東京都内では見かけることの多いパーキング・メーター。バイクの駐車にも使えれば便利なのだが……
結論としては、二輪車でもパーキング・メーターの利用が可能だ
メーターがバイクを感知すると「未納」のランプが点灯するので、感知しているかどうかを確認できる
枠に対して止めることができるのは1台のみ。スペースに余裕があるからといって複数台駐車するのはNGだ
駐車しているバイクを勝手に枠外へ移動されてしまう可能性があるため、バイクの利用は推奨しないとのことだが……
よく見かけるのが、このタイプのパーキング・メーター。経過分カウントの両端に「超過」「未納」のランプが配置されている
最近は新型のパーキング・メーターもお目見えしている。こちらは超過、未納のランプが大型化しているほか、運用中か休止中かの表示もされるようになった
都内には二輪車用パーキング・チケットもある。現在は4箇所に設置されている。
中央区銀座8丁目7番付近にある二輪車用パーキング
パーキング・チケットの発券機。駐輪料金は60分100円で、パーキング・メーターの1/3とかなり安価。料金を入れて駐車枠のナンバーを入力して発給する仕組み。
発券機の横には使用方法が書かれているのでわかりやすい
利用方法は簡単。まずは料金を入れて……
駐車した枠のナンバーを入力
チケット取り出し口から発給されたチケットをとり、領収書を剥がし取る。剥がしたところがシールになっている
ハンドルロックをかけ、タンクやメーターなど目立つところにチケットを貼り付けておけばOK
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 【シーズン到来!ツーリング快適アイテム最新版】SHOEI Z-8 MURAL
  2. 【シーズン到来!ツーリング快適アイテム最新版】MIDLAND BT X2 PRO S
  3. 【シーズン到来!ツーリング快適アイテム最新版】KIJIMAドライブレコーダー1080J
PAGE TOP