今日から街に4気筒サウンドが響き渡る!ニンジャZX-25R サーキット&ワインディング試乗レポート

カワサキ ニンジャZX-25R スペシャルエディション KRT エディション
カワサキ ニンジャZX-25R スペシャルエディション KRT エディション
カワサキ ニンジャZX-25R スペシャルエディション KRT エディション
カワサキ ニンジャZX-25R スペシャルエディション KRT エディション
カワサキ ニンジャZX-25R スペシャルエディション KRT エディション
カワサキ ニンジャZX-25R スペシャルエディション KRT エディション
カワサキ ニンジャZX-25Rの4気筒エンジン。ラムエア加圧時には46馬力を発揮する
バルブ挟み角を28度とし、コンパクトなエンジンサイズを実現
4 in 1のエキゾーストパイプはZX-6Rからインスパイアされたものだという。サイレンサーはショートタイプで、マスの集中化に貢献
新設計のスチール製トレリスフレーム
車体構成はスーパーバイク世界選手権に参戦しているニンジャZX-10Rレースマシンの設計思想を参考にしたという
倒立式のフロントフォークはショーワ製のセパレートファンクションタイプ
レッドゾーンは1万7000回転から。右側のモニターは速度計、燃料計、パワーモード、トラクションコントロールレベルなどを表示
右スイッチボックス
パワーモードなどの変更を行える左スイッチボックス
ニンジャシリーズ共通イメージのフロントデザイン。ウインドシールド下の開口部がラムエアシステムのインテーク
ヘッドライトはLEDを採用
テール&ブレーキランプ、ナンバープレート灯にはLEDを採用
フロントブレーキは310mm径ディスクに、上側32mm径、下側30mmの異径ピストンを持つ4ピストンラジアルマウントキャリパーの組み合わせ
リヤブレーキは220mm径ディスクに38mmシングルピストンの組み合わせ。前後ともABSにはニッシン製のコントロールユニットを採用
ショックユニットとリンクをスイングアーム上方に配置し、カワサキが「ホリゾンタルバックリンクリヤサスペンション」と呼ぶリヤショック
標準装着タイヤは前後ともダンロップ製ラジアル「GPR300」だが、ニンジャZX-25R専用にチューニングされたもの
前後分割式のシート
シート下の収納スペース。ETC2.0ユニットは標準装備
身長165cmのライダーによる足着き性
身長165cmのライダーによるライディングポジション
スペシャルエディションに標準装備されるクイックシフターはアップ/ダウン両対応。スタンダードにもオプションパーツとして装着可能(価格は4万810円、工賃別)
ニンジャZX-6Rのエンジン特性
ニンジャZX-25R「レースイメージ車両」
ニンジャZX-25R「アクセサリー装着車」
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 一般道で低燃費のジクサー250は高速道路でも燃費がいいのか? 実際に走行してチェックしてみた!!【モーサイ燃費調査室】
  2. ガルーダがイタリア・ボナミチレーシングの取り扱いを開始
  3. デイトナ・ヘンリービギンズブランドからフレームマスクが登場
PAGE TOP