スズキ新型Vストローム1050は「デザイン以上に中身の進化がハンパない!」

スズキ Vストローム1050XT(チャンピオンイエローNo.2)
スズキ Vストローム1050XT(チャンピオンイエローNo.2)
スズキ Vストローム1050XT(ブリリアントホワイト/グラスブレイズオレンジ)
スズキ Vストローム1050XT(ブリリアントホワイト/グラスブレイズオレンジ)
シャープになった「くちばし」と長方形状のヘッドライトで「DR-BIG」のイメージをより強調
テール&ブレーキランプもLED。XTではクリアレンズを採用し、高級感も演出
Vストローム1050XTのメーターパネル。走行モード、トラクションコントロール、ABSモードなど各種電子制御の作動状況も表示される
Vストローム1050XTのスクリーン。従来型Vストローム1000よりも幅を狭めた形状となっている
XTのスクリーンは手動で上下11段階に調整可能で、写真は最高時まで上げたときのもの
Vストローム1050XTはシート高を20mmの差で2段階に調整可能
107.4馬力まで出力を高めた1036cc水冷90度V型2気筒DOHC4バルブエンジン
アルミ製ダイヤモンドフレーム&アルミ製スイングアームを組み合わせた車体構成は従来型Vストローム1000から継承
ラジエターは新設計となっており、冷却能力は従来型Vストローム1000:22.7kW→Vストローム1050:26.1kWへと強化
Vストローム1050XT(グラススパークルブラック)
Vストローム1050XT(ブリリアントホワイト/グラスブレイズオレンジ)
Vストローム1050XTチャンピオンイエローNo.2
Vストローム1050(グラススパークルブラック)
Vストローム1050(グラススパークルブラック/ソリッドアイアングレー)
Vストローム1050(グラススパークルブラック/パールブリリアントホワイト)
従来型Vストローム1000XT
従来型Vストローム1000
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. 今や懐かしの「ハイカ」や「高速道路回数券」って覚えてる?
  2. 元警察官に聞いた「なぜ警察はコソコソと隠れてネズミ捕りをするのか? <ネズミ捕り>の名前の由来は?」
  3. 【ライディングデニムは賢く選ぶ】日本人向けスリムとストレート、ライディングに特化したアルパインスターズの秀逸な2モデル
PAGE TOP