片岡義男『彼のオートバイ、彼女の島』に出てきた「カワサキ」とは何だったのか?

W1シリーズの後継として、1973年に発売されたカワサキ「650RS」
車名としては「650RS」だが、「W3」あるいは「650RS・W3」などと呼ばれることが多い
エンジンはW1シリーズと同系の624cc空冷4サイクル並列2気筒OHV2バルブ
最高出力は53馬力を発揮。キャブレターはティクラーなしのミクニ製VM28。ミッションは4段リターン
全長2150mm、全幅860mm、全高1120mm、ホイールベース1420mm、燃料タンク容量15L
当時としては先進的だったフロントダブルディスクブレーキを採用(W1シリーズはドラムブレーキだった)
650RSはZ系と共通の砲弾型メーターを採用。メーター下のインジケーターは左から、ニュートラルランプ、フラッシャー、ハイビーム、チャージランプ
角川文庫版『彼のオートバイ、彼女の島』(写真は第9版)。版によってさまざまな表紙があるが、現在は絶版
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

  1. NC750X 2021

おすすめ記事

  1. 【バイク擬人化漫画】連載一周年記念 「ニーゴーマン!」 全23車イッキ読み!!
  2. バイク通学は両親も喜んだ! 「三ない運動」撤廃後の埼玉県で聞いた高校生のホンネ(1)
  3. 【ホンダ 3代目NC750X 徹底解説】エンジンパワーアップ&6kg軽量化され、2月に92万4000円~で発売 NC750X 2021
PAGE TOP