一番身近な働くバイク! 郵政カブの歴史と秘密

MD110。写真提供:日本郵政
MD50
MD50
カブによる配達の様子(1970年頃、代々木局)。写真提供:郵便博物館
カブによる配達の様子その2(1970年頃、青梅局)。写真提供:郵便博物館
郵政仕様の三輪スクーター(ベースはジャイロX)。写真提供:郵便博物館
ルーフ付きの郵政仕様の三輪スクーター(ベースはジャイロキャノピー)。写真提供:郵便博物館
1982年型のMD50/70/90に採用されていたフューエルタンク。タンク容量は5L。
1987年以降に採用されたフューエルタンクは、燃料ゲージとキー付きのタンクキャップを装備。容量は変わらず5L
1992年型までのスピードメーターは逆三角形。
1997年型以降からは台形形状のメーターに。ライトボディを他のモデル(CD系)と共用してコストダウンを図った結果と思われる。
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. バイクは空冷エンジンがバリバリ現役だけど、クルマにもまだ空冷ってあるの?
  2. 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第25話:新地平を切り拓いた男! 250-A1サムライ君【隔週連載】
  3. 走るとお腹が空いてくる!? メロン街道、アップルロードなどフルーツが由来の道路10選
PAGE TOP