スズキのビッグオフローダー「DRビッグ」開発ストーリー 30年以上前にVストロームの片鱗が!? 

初代DRビッグ(DR750S)。エンジンはボア・ストローク105mm×84mmの727cc単気筒で、最高出力は52馬力
DR-Z(ジータ)I型。同車をイメージさせるカラーリングが「ヘリテージスペシャル」としてVストローム1050(海外仕様)に設定されている
DR-Z(ジータ)II型。こちらも同車をイメージさせるカラーリングがVストローム1050(海外仕様)には設定されている
DRビッグ(DR800S)の最後期型。エンジンはボア・ストローク105mm×90mmの779cc単気筒で、最高出力54馬力
「クチバシ」は最新のVストローム1050にも継承され、よりDRのイメージを強調したデザインとなっている
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. 今や原付二種にもマスト! バイクのABS義務化「価格への影響は小排気量ほど辛い……」
  2. 微妙な色の純正ホイールを高級感あるゴールドに! 90年代隠れ名車「カワサキZZR600」リフレッシュ計画【第14話】
  3. 『モーターサイクリスト』8月号は7月1日発売!! 付録はクシタニデザインネックゲイター
PAGE TOP