ヒストリー

【’90s名車列伝】“ライダーを育てるバイク” ドゥカティ・900SS 唯一無二の魅力を探る(前編)

マシンとの会話

そしてこのころから中野さんは、スーパースポーツの在り方、オートバイの在り方について、考える機会が増えていったと言う。

「絶対的な性能、速さを追求するというのは、オートバイの王道ですから、僕は851とそれに続く水冷Lツインの進化、あるいは国産4気筒勢の進化を否定するつもりはまったくありません。でも自分自身がスーパースポーツに何を求めているかと言ったら、一番はマシンとの会話で、そのために必要なのは、扱い切れるか少し扱い切れないくらいのパワーと、軽くて分かりやすい車体。900SSはこの点においても素晴らしい資質を持っていて、これを基準に考えると今どきのスーパースポーツは、過剰なエンジンパワーや過剰な車体剛性、過剰なマネージメントシステムによって、かえって会話が難しくなっている気がします。もちろん速い遅いで言ったら、今どきのスーパースポーツのほうが簡単に速く走れますけど、900SSのように、路面と機械の情報を自分の中で整理しながら、アクセルとブレーキと体をコントロールしていく充実感はなかなか得られない。得るためには相当以上のスピードが必要で、その領域では極度の緊張と恐怖感が伴うんです」

あれで十分だった、という表現は誤解を招くかもしれないけれど、900SSは中野さんにとって、いや、我々を含めた普通のライダーにとっても、必要十分な性能を持っていたのだ。

1992 900SL●900SSの上級仕様として販売されたSL=SUPER LIGHTは、アクロン+マービック製ホイールやカーボン製前後フェンダー、ハイマウントマフラーなどを標準装備

「ただし、ノーマルが最高だったわけではないですよ。方向性は人ぞれぞれですが、900SSはライディングポジションや足まわり、吸排気系などに手を入れて、初めて本来の魅力が味わえるバイクでした。でも今になってみると、それも900SSの魅力のひとつだったと思います。ドゥカティに限らず、最近のスーパースポーツは出荷状態でいじる余地がないほどに完成されていますけど、900SSの場合は未完成な部分が多々あったからこそ、オーナーはこのバイクの本質を理解しようと努力したし、ショップはその未完成な部分を通してお客さんと濃厚なコミュニケーションが図れた。言ってみれば900SSは、オーナーとショップを成長させてくれる素材でもあったわけです」

こういったバイクがドゥカティのラインアップから消えてしまったことは、誠に残念ではあるけれど、微妙に方向性が変わった’98年以降のSS900/SS1000DSは、それ以前のSSほどの人気を獲得できなかったのだから、仕方がないと言えば仕方がない。
しかし、マルチパーパスやスーパーモタード、ネオクラシック、クルーザーなど、さまざまな新ジャンルに挑戦する近年のドゥカティを見ていると、どうもこの会社は、肝心要の大事な部分を忘れているんじゃないかという気がしてくる。

1998 SS900 (写真は’02年型)●空冷Lツイン+トラスフレームという基本は変わらないものの、SSは’98年型で全面刷新を敢行。デザインは、後に999やMH900を手がけるピエール・テルブランチ

「その点については僕も同感ですが、本社では過去に何度か新型SSを開発しようという声が挙がっているみたいですから、今後に期待したいところです。ただし新しいSSが登場したとしても、かつての900SSの価値が揺らぐことはないでしょう。と言うのも、やっぱり僕の中にはバイクの基本は、“空冷ツイン+キャブレター”という意識があるんです。その形式がすべてにおいて万能と言うわけではないですが、電子制御が進んでいない、昔ながらの空冷ツイン+キャブレターのバイクでしか学べないことは山ほどある。そういう観点でオススメ車を挙げるなら、BMWでもH-Dでもモトグッチでもいいんですが、僕の場合は900SSか’99年以前のモンスター。オートバイの基本を学びたい人や現行車に乗りたいモデルが見つからない人、あるいは単純にこれからドゥカティに乗ってみたいと考えている人は、1度はこの2機種に目を向けてほしいと思います」

ちなみに’90年代の900SSとモンスターは、現在の中古車市場では20~60万円前後で購入することができる(※2011年の取材時価格。2019年現在の相場はおよそ20〜80万円前後と若干上昇している)。
高値安定を続けるベベル系や750F1シリーズなどと比較すると、この暴落ぶりは目に余るものがあるけれど、新車時の半額以下でドゥカティの名車が買えるというのは、見方によっては素晴らしい状況かもしれない。

もちろん、誕生から二十数年が経過した中古車である以上、購入時には整備が必要になるはずだが、中野さんによるとこのころのドゥカティは、’80年代以前と比較すると飛躍的に信頼性と耐久性が高まったため、致命的な問題を抱えているケースはほとんどないそうだ。

 

→:後編はコチラ

1

2

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

おすすめ記事

【平成バイク大図鑑5】2000年目前に激化したメガスポーツ最高速競争 【スーパーカブで楽しむツーリング】カブ下道紀行:さくさく走って下町散策 BMWが新型コロナウイルスの影響を考慮し「BMW Motorrad Days Japan」の中止を決定
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP