ヒストリー

【’80sバイク熱狂時代】今年もアツかった!! 今も変わらず人を惹き付ける「鈴鹿8耐」の熱狂は80年代から始まった

2019年の鈴鹿8耐は何ともいえない結末となったが、同イベントの人気が最高潮に達していた1980年代は、それはもうすごい熱気だった。
そう、80年代の鈴鹿8時間耐久レースは、バイク乗りにとって"夏の巡礼"とも言える一大イベントだったのである。
レースのことをあまり知らない老若男女までをとりこにしたその魅力の根底には、国内4メーカーの意地をかけた闘争心があった。

※本記事はMotorcyclist2018年1月号に掲載されていたものを再編集しています。

 

先の見えないドラマに大観衆が酔いしれた真夏の夢舞台「鈴鹿8耐」

本当にここは鈴鹿なのか。
ヘアピンからグランドスタンドに向かう通路は、ラッシュ時の山手線の中のようだった。
トイレや売店に長蛇の列。こんな桁が違うイベントは世界中にも例はない。
公式発表の決勝日観客数が15万人を超えたのがケニー・ロバーツ/平 忠彦がテック21のヤマハFZR750で参戦した85年。

●世界GPの英雄ケニー・ロバーツ選手が平選手と組んで8耐参戦……! 日本中のバイクファンが沸き立った伝説の85年8耐。最後尾からスタート、トップ奪取、ゴール30分前に突然のエンジンストップ……。すべてがあまりにドラマチックだった

悲運の平がエディ・ローソンと組んで初優勝を果たした90年は、16万人に達した。これはあくまで施設の消防法などに則った最大値で、実数約20万人という話もあった。

これだけ注目されるのだから、8耐は各メーカーの威信をかけた戦いの場に。
ホンダは8耐優勝の価値をGP500世界タイトルと同等としていて、他メーカー関係者も全日本は8耐のための開発というほど。でも、負けたら屈辱の1年間が……。
2ストのヤマハも85年に初のファクトリー体制で臨んだ。マシンは初の4ストファクトリーマシン。そして世界のキング、ケニーと平を乗せた。
この年以外にも各メーカーは、勝つためにGPを含む世界のトップライダーを当たり前のように乗せた。
88年からはカワサキが復帰し国内4メーカーが激突。

●カワサキのファクトリーチームが戻ってきた88年。ゼッケン47の宗和孝宏選手&多田喜代一選手ペアは5位を獲得、悲願の8耐初優勝は93年にスコット・ラッセル選手&アーロン・スライト選手の手によりもたらされた

スズキは90年から本社チームを送り込むが、それ以前はヨシムラ。
辻本 聡、ケビン・シュワンツなどが油冷機で名勝負を残した(ヨシムラファンが急増した)。

●どこかまだ牧歌的な雰囲気も残っていた80年の8耐。グレーム・クロスビー選手が今に続くゼッケン12番のヨシムラマシン(GS1000R)を駆り、数々のトラブルも乗り越えて優勝。POPこと吉村秀雄氏の笑顔も弾けた

あの熱狂から四半世紀以上が経ち、ここ数年は決勝日の観客数も7万人程度で推移。
2019年の8耐はゴール直前の赤旗中断で物議を醸したが、TECH21カラーで臨んだヤマハの5連覇をカワサキファクトリーチームが阻止。後半は手に汗握る展開が繰り広げられるなど、見どころの多いレースだったと言えるだろう。

さぁ、2020年の鈴鹿8耐はどのようなレースとなるのか? 来夏の熱い戦いが、今から楽しみだ。

2019年の鈴鹿8耐は、18年ぶりのファクトリーチームにて参戦したKawasaki Racing Team(KRT)が、1993年以来26年ぶりとなる、二度目の優勝を果たした。

なお、カワサキは8耐優勝を記念して、「カワサキプラザネットワーク 8耐優勝 応援ありがとうフェア」を現在実施中だ。
豪華賞品をゲットできるチャンスなので、ぜひ左記URL(https://www.kawasaki-plaza.net/campaign/8tai_thanksfair/)よりアクセスして挑戦してみて欲しい。

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 【’80sバイク熱狂時代】今では当たり前に使う”ブラ…
  2. ホンダデザインの大転換 ~1968年から’69年にか…
  3. アメリカ大陸を駆け抜けたホンダ154ccツイン ベンリィツーリン…
  4. 【バイク熱狂時代は永遠に:4】1980年代に若者が集った「上野バ…
  5. 【’90s名車列伝】“ライダーを育てるバイク” ドゥカティ・90…
  6. 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(3)スーパースポーツの…
  7. 激闘! ヤマハワークスマシン「0W」のすごい歴史①
  8. 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(6)リッターオーバー時…

旅に出よう!

おすすめ記事

軽量で柔軟性に優れるアルパインスターズの新型ウインターグローブが登場 一日の疲れを癒やすだけでなく、出会いの機会もある? 北海道のオススメ宿選び ホンダのバイクのふるさと、熊本製作所でファンイベントを実施 【NEW ITEMS】小さな道具で大きな効果!! 持ち運び可能な防犯アイテムが8月販売予定!! 【NEWS】オープニングフェアで5000円分クーポンが手に入る!?「ハーレーダビッドソンセントラル春日部」が6月15日にグランドオープン! スクーターが手軽に使える!? スクーターシェアサービス今夏より提供開始 【平成バイク大図鑑3】ハッタリが効くのに乗りやすい 日本のお家芸ジャンルとなったビッグネイキッド 冬のライディングを快適にするコミネの薄型電熱ベスト 【傑作昭和レーシングマシン列伝】其の1:世界を震撼させたホンダフォアの誕生(前編) 中古二輪車スペシャリストが選ぶ! いまなお高人気の平成生まれ7モデル
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP