アーカイブ

歴史を彩った名車シリーズ BMW R100RS

それはモーターサイクルの新しいカタチを創造するところから始まった

’60年代までは伝統を重んじる保守的なメ−カー、と呼ばれることが多かったBMW。そんな同社にとってターニングポイントとなったモデルが、’76年にデビューしたR100RSだ。量産車初のフルカウルを採用した同車で、明確な手応えを感じたBMWは、以後はさまざまな分野を新規開拓すると同時に、次世代を見据えた新技術を次々と開発。R100RSの登場から十数年が経過するころには、かつての保守的なイメージはほとんど消え去っていた。

’70年代を代表するBMWと言ったら、多くの読者が頭に思い浮かべるのは、’73〜76年に販売されたR90Sか、’76年から発売が始まったR100RS、あるいはそれらの基盤となった’69〜73年型R75/5だろう。もっとも僕としては、その3台の中で最も重要なモデルは、R100RSだと思っている。R75/5とR90Sが、既存の2輪の手法を踏襲する形で生まれたのに対して、R100RSの開発目的は、モーターサイクルの新しい形を創造することだったのだから。

そう、R100RSはモーターサイクルの新しい形、具体的に言うならスポーツツアラーというジャンルの基盤を作ったモデルなのだ。その象徴と言えるのが、快適性に加えて高速域でのダウンフォースを意識して開発された量産車初のフルフェアリングで、純正オプションとして設定されたクラウザー製パニアケースも、当時のロードバイクでは珍しい装備だった。いずれにしても、大排気量・高出力化とカタログデータの向上が命題だった’70年代の2輪業界で、R100RSが示した方向性は非常に画期的で、以後は数多くのメーカーから、BMWの姿勢に追随するスポーツツアラーが続々と登場することとなったのである。

 

文字盤は刷新されているものの、計器類の構成はR90SやR100Sと同様。カウル側の小径メーターは電圧計と時計だ。

R75/5に端を発するOHV2バルブフラットツインは、当時のBMWで最高値となる70psをマーク。4本フィンの角型ヘッドカバーは’76年型以降の特徴だが、昨今では’75年型以前の標準だった、2本フィン仕様に変更するオーナーが多いようだ。

キャブレターは負圧式のビング。RSの口径が40㎜であるのに対して、ベーシックモデルのR100/7は32㎜を採用。

前後ホイールはBMW初のアルミキャストだが、極初期のモデルにはスポーク仕様が存在。当初はアーテだったフロントブレーキキャリパーが、ブレンボに変更されたのは’81年型からで、この年式では同時にリヤのドラム→ディスク化も実施。

従来はダイレクト式だったシフトペダルは、R100RS以降はリンク式に変更。タンデムステップは多少の位置調整を前提にした構成。かつてはギヤボックス後部に装着されていたキックアームは、/6シリーズの途中からオプション扱いになった。

 

新車情報はBMWモトラッド公式サイトへ

関連記事

  1. 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(5)ビッグネイキッドの…
  2. 往年の名ライダーが来場するSUZUKA Sound of ENG…
  3. 【遙かなるグランプリへ3】ホンダに続け! 偶然の出会いが生んだス…
  4. 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史4】高度…
  5. 【NEW MODEL】HONDA CRF1000L Afric…
  6. ゴールドウインモーターサイクル 初のPOP UP STOREがO…
  7. サイクルロードレースで活躍 「ヤマハ・ナイケンGT」が2019ジ…
  8. 【NEW ITEMS】SHOEI EX-ZEROシリーズ 12月…

おすすめ記事

【NEW ITEMS】ACTIVE φ28.6 TAPERHANDLE SUPERLOW 【東京モーターショー2019】見所は乗り物だけじゃない! 「美の象徴」コンパニオン特集!:その2 大型連休にいってみたいツーリングルート!蔵王エコーライン編 いま見ても衝撃のスタイル! 2000年代に登場した唯一無二のスーパースポーツ、KTM 1190 RC8を解説! 【リコール情報】ハーレーダビッドソン・2モデルにおいて制動装置の表面が腐食し制動力解除ができない恐れ スーパーカブC125で東京湾「無数の島」を走る!! 山岳路と新しい感動に出会う旅〜信州ツーリングレポ 飯田・高遠・佐久 Part2〜 初心者やリターンを目指す人に最適なスクールが若者向けレッスンを実施 「セローらしさ」って何だ? 初代の構造に込められた“理念” イタリア・ボローニャのドゥカティ・ミュージアムでマッシモ・タンブリーニの916を展示
BIKE王

ピックアップ記事

PAGE TOP