トピックス

埼玉の「三ない運動」世代に聞いて分かった! 原付はダサいけど、自動二輪は「便利・かっこいい」が多数【今ドキの高校生とバイク(1)】

1640名アンケートで分かった高校生のバイク観

三ない運動をやめて、2019年度から原付・自動二輪車の安全運転講習を始めた埼玉県だが、その方針転換に至るまでに、高校生のバイクに関する意識調査を実施している。当事者である高校生の声に耳を傾けるという点でとても意義のある調査だが、その結果分かったものとは? 今ドキの高校生が持つバイク観の例として紹介しよう。

県立校から私立まで幅広く調査

今回紹介するのは、埼玉県「高校生の自動二輪車等の交通安全に関する検討委員会」が実施した「埼玉県 高校生の原付・自動二輪車に関する意識調査」(2017年の報告)。

調査はアンケート形式で、県立高校全日制12校の1309名、県立学校定時制3校の123名、私立学校全日制2校の208名、合計1640名に実施された。1校1学年から1クラスを抽出し、定時制課程も3学年までの実施とされ、1年生(551人33%)、2年生(551人34%)、3年生(538人33%)と1~3年生にかけて偏りなく振り分けられている。

そもそも高校生はバイクに興味があるのか?

さて、38年間にわたり三ない運動を展開してきた埼玉県だが、当の高校生はバイクについてどう思っているのか? バイクへの“興味”という言葉で問いかけてみると、実にその半数は「興味がない」という結果だった。

一方で、「興味がある」「まあまあ興味がある」の合計も688人(42%)。三ない運動を強固に進めてきた埼玉県内でのアンケートだと考えると、結果はむしろ驚くべきことだ。興味の観点は様々だとしても、バイクの有用性は高校生にも認められているようだ。

「原付」はネガティブなイメージが多数

埼玉県の秩父エリアでは数十年前から特例として原付によるバイク通学が許可されてきたが、大半の高校では三ない運動が厳しく推進されてきた(バイク通学は禁止だった)。通学の足としてのイメージもないであろう原付バイクだが、高校生はどういうイメージを持っているのだろうか。

表は、「どちらでもない」を境に、原付に当てはまるイメージがポジティブ寄りなのか、ネガティブ寄りなのかで分けられている。わかりやすいように多数派のイメージワードを赤色太文字とした。

すると、原付に対してはかなりネガティブなイメージが強いことがわかる。この傾向は数十年前と大して変わらないのでは? というのが筆者の肌感覚だがいかがだろうか。

三ない運動のせいなのか、利用者マナーのせいなのか、はたまた二輪業界の取り組みに問題があったのか様々な要因が考えられるが、少し残念な結果だと言えるだろう。

「自動二輪車」は“陽キャ”の乗り物?

「自動二輪車」についてはどうだろうか。こちらは意外とポジティブなイメージが強かった。特に、「うるさい」「怖い」といった騒音・暴走問題(法令違反行為)に関係するようなネガティブを除けば、「派手な・好きな・楽しい・明るい」といった趣味性に関わる部分がポジティブに捉えられているのは興味深い。

これは、若年層の中でバイクがコミュニケーションツールのひとつとして認識されていることと関わりがありそうだ。いわゆる“陰キャ”よりは“陽キャ”の乗り物としてイメージされていると思われる。

逆に言えば、「怖い、高価、うるさい」のネガティブを抑えていくことが、バイクのイメージアップ、若年層市場の拡大につながっていくとも言えるだろう。

※写真はイメージです。本文中の( )内は編集部注

※グラフ●埼玉県 高校生の原付・自動二輪車に関する意識調査集計結果【速報版】(2017)より

レポート&写真●田中淳麿 編集●平塚直樹

おすすめ記事

驚異の10万円台! ホンダが世界に誇る実用バイク「CG125」は中国生産車でもちゃんと走るのか? 【RACE】全日本ロードレース選手権に対する ホンダの熱い思いが語られる 「オートバイ」では通じない!? 日本と海外で全く違う「バイク」の呼び方や語源
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. BMW R18
  1. BMW R18
PAGE TOP