トピックス

不整地カブの全てが分かる?!「MCクラシック04号」2018年3月29日より発売中!

スーパーカブ60周年企画・第2弾はハンターカブ!

去る’18年2月23日、新型スーパーカブに続いて登場した新生クロスカブ(110㏄&50㏄)。各社の二輪雑誌でも大々的に取り上げられ、先日の東京モーターサイクルショーでも多くの企業ブースに展示され(弊社のブースにも置いてましたし)、目にも記憶にも新しいことでしょう。

そんな同車のご先祖様といえば、「ハンターカブ」の愛称でおなじみのCTのシリーズ。本誌ではその元祖、C100Tから最終モデルCT110までの不整地カブの歴史を大特集! 実用メインのスーパーカブにどうして不整地仕様が生まれたのか、その歴史を代表車種と当時の広告で振り返ります。ほかにもCTシリーズに搭載されたダブルスプロケット&副変速機の構造や切替方法や同車のプロショップ、CTにまつわる東西2大イベントも合わせて掲載しています。

●下段の赤いCT110はハンターカブの代表格としておなじみの1台(巻頭、車両紹介パート(?)より抜粋)。

 

もちろんCT以外のコンテンツも充実。人気車の魅力や好調維持の秘訣を探る「追跡クラシック」では’76年から登場したイタリアンスポーツ、ルマン・シリーズにフィーチャー。4人のオーナーと同シリーズに精通した玄人趣味人に楽しみ方や購入時のポイント、これまでに遭ったトラブル経験などをつまびらかにしています。前号から始まった集中連載「モリワキかく戦えり」では’81年の鈴鹿8耐予選において、当時の絶対的コースレコードを叩き出したアルミ合金フレームのモリワキモンスター誕生の裏側を当時の写真と当事者の証言を交えながら振り返ります。

 

●誌面ではモトサイクレットサワダ(https://www.mc-sawada.com)で再生された車両も掲載(「モリワキかく戦えり」より抜粋)。

 

その他、55㏄のスポカブからリッターオーバーの1100カタナ、水平対向エンジンの代表メーカーとも言えるBMW R75/5など大小、国内外問わず様々な車両のレストア、整備企画も展開中。サビフェチの変態さんバイクいじりが大好きなあなたの琴線に触れる企画も用意しています。

●レストア企画はDIY派からショップにお任せ派まで。担当者の個性が光る?

 

山野に潜む黄色いCT200が目印のMCクラシック04号! ぜひともお買い求め下さいませ!!

関連記事

  1. “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!【ステ…
  2. 軽い・安い・楽しいが詰まった世界!125ccバイクの魅力とは?
  3. 往年の名車「650-W1」の雰囲気を感じる、新しくなった「W80…
  4. 【NEW MODEL】HONDA CB1100RS
  5. 【NEW MODEL】HARLEY-DAVIDSON SPORT…
  6. 【NEW MODEL】トライアンフが量産車では世界最大排気量とな…
  7. 【二輪車販売最前線】2019年上期国内出荷台数は前年比微増 後半…
  8. ニンジャZX-6Rの2020年モデルを11月15日に発売

おすすめ記事

街中からサーキットまで難なくこなすハイクオリティバイク「YZF-R3 ABS」がマイナーチェンジ 【NEW MODEL】本格派125ccモタード、アプリリア・SX125が発売! 先行予約キャンペーンも展開 「令和のハンターカブ」ホンダCT125の価格と発売時期が見えてきた! ショッキングピンクのニクいヤツ 「アジア製品=安いだけ」はもう古い!台湾二輪メーカーSYMの輸入を再開したその理由とは 【ハンドルまわり快適化計画】高強度アルミ素材で脱落の心配皆無! サイン・ハウス マウントシステム スマートフォン用ホルダー
東京モーターサイクルショー BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP