ニューモデル

ヤマハがヘッドライトのデザインを変更したボルトの2020年モデルを発表

ヤマハは4月23日、941ccV型2気筒OHCエンジンを搭載するクルーザーモデル、ボルト ABS/ボルトRスペック ABSをマイナーチェンジし、2020年モデルとして発売する。

20年モデルのボルトシリーズは、新たにヘッドライトにポジションランプを追加。ゴールドリーザーバータンク付きリヤサスペンションや切削加工のキャストホイールを採用する上位モデル、ボルトRスペック(上写真)は質実剛健をテーマにしたダークパープリッシュブルーメタリックUのカラーに変更した。なお、ボルトのカラーは従来型と同じブラックメタリックXを継続採用している。

●ボルト ABS

価格は、ボルト ABSが97万9000円、ボルトRスペック ABSが102万5200円。発売日は6月18日となっている。

CONTACT

問い合わせ先カスタマーコミュニケーションセンター
電話番号0120-090-819
URLhttps://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

 

おすすめ記事

ガスガス・ モーターサイクルズが新成人にオリジナルグッズをプレゼント! 高性能サスの「高性能」を引き出す!90年代隠れ名車「カワサキZZR600」リフレッシュ計画【第8話】 スーパーカブC125とモンキー用の補修エアエレメントが登場
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. トリシティ ヤマハ
PAGE TOP