新車

【NEW MODEL】ホンダ・X-ADVがカラーリング変更& ETC2.0を装備して発売!

排気量745ccの直列2気筒エンジンとDCT(デュアルクラッチトランスミッション)を搭載した大型アドベンチャーモデル「X-ADV」がカラーリングを変更し、さらにETC2.0を装備して発売される。
発売日は2019年2月21日(木)。

 

イメージの異なる3色を新たに設定

 

アドベンチャーとコミューターのメリットを両立したモデルで、個性的なデザインも好評を博しているX-ADV。
2段階のトルクコントロール介入レベルおよび介入のオン/オフをセレクトできる「Honda セレクタブル トルク コントロール」や、アクセル操作により生じた駆動力変化をクラッチ制御を変更することで後輪へダイレクトに伝達する「Gスイッチ」など、走りと利便性を兼ね備えた大型アドベンチャーモデル。

今回新たに設定されたカラーリングは、マットビュレットシルバー、グランプリレッド、マットアーマードグリーンメタリックの3色。それぞれ金属的な硬質感のイメージ、スポーティなイメージ、アドベンチャーを想起させる迷彩柄のイメージと、各カラーリングごとにイメージが異なっている。
また、現在では必須の装備となっているETC車載器が「ETC2.0」へとバージョンアップして搭載される。

価格はカラーリングによって異なり、
マットビュレットシルバー 124万920円(税別価格:114万9000円)
グランプリレッド/マットアーマードグリーンメタリック 127万3320円(税別価格 117万9000円)
となっている。

 

各カラーリング

 

マットビュレットシルバー

グランプリレッド

マットアーマードグリーンメタリック

 

主要諸元

 

各種寸法(単位はmm)●全長2230 全幅910 全高1345 軸距1580 最低地上高135 シート高790車両重量(kg)238 乗車定員 (人)2名 最小回転半径(m)2.8 
エンジン●水冷4ストロークOHC4バルブ直列2気筒 総排気量745cc 内径×行程(mm)77.0×80.0 圧縮比10.7 最高出力 (kW[PS]/rpm)40[54]/6250 最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)68[6.9]/4750 燃料タンク容量13L 変速機●形式:電子式6段変速(DCT)
変速比:2.666/1.904/1.454/1.200/1.033/0.837 減速比(1次/2次)1.921/2.235
キャスター角 27°00´ トレール量 104
タイヤ●120/70R17 後160/60R15
ブレーキ●F 油圧式ダブルディスク/R 油圧式ディスク
懸架方式●F テレスコピック式/R スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式●ダイヤモンド

 

 

問い合わせ:ホンダ お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-086819
ホームページ https://www.honda.co.jp/X-ADV/

関連記事

  1. 250cc4気筒モデル最後発だけど最強性能? ニンジャZX-25…
  2. 【NEW MODEL】ホンダ・CBR650R/CB650Rが3月…
  3. ホンダCB1300シリーズに上級モデル「SP」が登場間近!
  4. TRIUMPH ストリート系2モデルがさらに進化!
  5. JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集め…
  6. 匿名係長 第1回 BMW R1200GS(空冷最終型)の巻
  7. トライアンフの2019年モデルにモダンテイストなNEWカラーが追…
  8. HONDAとYAMAHA オフロード競技車の2019年モデルが受…

おすすめ記事

【遙かなるグランプリへ1】無謀と言われた挑戦 ホンダがマン島TTを制するまで(前編) 【NEWS】ドゥカティ、2017年の販売が 5万5871台を記録 ホンダCB1300シリーズに上級モデル「SP」が登場間近! 新型ヤマハ・セロー250 「マウンテントレール」イズムは変わらず ショッキングピンクのニクいヤツ 【キャンペーン】北信州の自然を感じる上質なツーリングはいかが?
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP