新車

【NEW MODEL】ホンダ・CBR650R/CB650Rが3月15日発売!

ホンダのミドルクラスロードスポーツ「CBR650R」、ネイキッドスポーツモデル「CB650R」が、2019年3月15日(金)に発売されることが決定した。

 

エキサイティングな走りでさらなる興奮を味わえる

 

CBR650Rは従来モデルのCBR650Fをベースに、操る楽しみに焦点をあてて開発。「エキサイティングな走りの堪能 直4Middle CBR R」を開発のキーワードとしており、車体や足まわり、エンジンの各部を熟成させ、スタイリングもよりアグレッシブなものへと一新された。

エンジンは排気量648cc・水冷4ストロークDOHC直列4気筒搭載。従来モデルよりも高回転域での出力が向上しており、全域にわたりレスポンスのよいエンジンフィーリングが楽しめる。
また、ライダーの疲労軽減や安心感に繋がる装備として、アシストスリッパ—クラッチやHondaセレクタブル トルク コントロール(HSTC)を新たに採用。操る楽しさをさらに向上させている。

さらにはヘッドライトやテールランプなどの灯火類がすべてLEDとなり、被視認性が向上しているほか、急ブレーキ時にハザードランプを高速点滅させるエマージェンシーストップシグナルも新採用。事故やトラブルを未然に防ぐ安全面の機能も充実している。

車両本体価格はボディカラーにより異なっており、マットバリスティックブラックメタリックが103万6800円(税別価格 96万円)、グランプリレッドが106万9200円(税別価格 99万円)。

 

■グランプリレッド

■マットバリスティックブラックメタリック

 

 

ライフスタイルに興奮を与えるCB650R

 

CBR650Rと同日に発売されるCB650Rは、「都市のライフスタイルに興奮を Middle Sports」を開発キーワードに、従来モデルのCB650Fよりもマスの集中化が図られ、扱いやすさと軽快さ、上質さを備えたモデルとなっている。

スタイリングはCB1000Rなどの新世代CBシリーズと共通するデザインに一新。台形プロポーションにより凝縮感のある佇まいとなっているほか、ヘッドライトも他のCBシリーズ同様にLEDが採用されている。

カラーリングはキャンディークロモスフィアレッド、グラファイトブラック、マットベータシルバーメタリックの3色をラインアップ。いずれも車両本体価格は96万1200円(税別価格89万円)。

■キャンディークロモスフィアレッド

■マットベータシルバーメタリック

■グラファイトブラック

 

 

問い合わせ:ホンダ お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-086819
CBR650Rホームページ https://www.honda.co.jp/CBR650R/
CB650Rホームページ https://www.honda.co.jp/CB650R/

おすすめ記事

【’80sバイク熱狂時代】今では当たり前に使う”ブランドカラー”はいつから始まった? 【2020年モデル試乗速報】カワサキ 新型ニンジャ1000SX「スーパースポーツ+ツアラーの究極融合体」 【NEW ITEMS】NOLAN N44 EVO ベンチレーション機能を重視! クシタニ・フローシューズに2020年モデルが登場 バイク王がインスタグラム公式アカウント開設記念のフォトコンを実施 【今からでも遅くない雨の日対策1】まずは基礎知識を学べ! 防水グッズQ&A
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP