バイク

【NEW MODEL】ホンダ・CBR650R/CB650Rが3月15日発売!

ホンダのミドルクラスロードスポーツ「CBR650R」、ネイキッドスポーツモデル「CB650R」が、2019年3月15日(金)に発売されることが決定した。

 

エキサイティングな走りでさらなる興奮を味わえる

 

CBR650Rは従来モデルのCBR650Fをベースに、操る楽しみに焦点をあてて開発。「エキサイティングな走りの堪能 直4Middle CBR R」を開発のキーワードとしており、車体や足まわり、エンジンの各部を熟成させ、スタイリングもよりアグレッシブなものへと一新された。

エンジンは排気量648cc・水冷4ストロークDOHC直列4気筒搭載。従来モデルよりも高回転域での出力が向上しており、全域にわたりレスポンスのよいエンジンフィーリングが楽しめる。
また、ライダーの疲労軽減や安心感に繋がる装備として、アシストスリッパ—クラッチやHondaセレクタブル トルク コントロール(HSTC)を新たに採用。操る楽しさをさらに向上させている。

さらにはヘッドライトやテールランプなどの灯火類がすべてLEDとなり、被視認性が向上しているほか、急ブレーキ時にハザードランプを高速点滅させるエマージェンシーストップシグナルも新採用。事故やトラブルを未然に防ぐ安全面の機能も充実している。

車両本体価格はボディカラーにより異なっており、マットバリスティックブラックメタリックが103万6800円(税別価格 96万円)、グランプリレッドが106万9200円(税別価格 99万円)。

 

■グランプリレッド

■マットバリスティックブラックメタリック

 

 

ライフスタイルに興奮を与えるCB650R

 

CBR650Rと同日に発売されるCB650Rは、「都市のライフスタイルに興奮を Middle Sports」を開発キーワードに、従来モデルのCB650Fよりもマスの集中化が図られ、扱いやすさと軽快さ、上質さを備えたモデルとなっている。

スタイリングはCB1000Rなどの新世代CBシリーズと共通するデザインに一新。台形プロポーションにより凝縮感のある佇まいとなっているほか、ヘッドライトも他のCBシリーズ同様にLEDが採用されている。

カラーリングはキャンディークロモスフィアレッド、グラファイトブラック、マットベータシルバーメタリックの3色をラインアップ。いずれも車両本体価格は96万1200円(税別価格89万円)。

■キャンディークロモスフィアレッド

■マットベータシルバーメタリック

■グラファイトブラック

 

 

問い合わせ:ホンダ お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-086819
CBR650Rホームページ https://www.honda.co.jp/CBR650R/
CB650Rホームページ https://www.honda.co.jp/CB650R/

関連記事

  1. 【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その1】大径…
  2. 【NEW MODEL】HONDA CB1000R
  3. フルモデルチェンジを果たした ドゥカティ・ディアベルが国内登場!…
  4. 【NEW MODEL】YAMAHA YZF-R1/R1M
  5. 【NEW MODEL】新型THRUXTON TFC(スラクストン…
  6. 【伝説の名車、再び】新型カタナは生まれるべくして生まれた!?(後…
  7. 【NEW MODEL】APRILIA RX125
  8. 【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その5】19…

旅に出よう!

おすすめ記事

【NEWS】タナックスのイベント「第1回タナフェス WEST in ZERO-BASE」が開催を延期 【釣りツーリングに行こう!】2釣目:エイプ100用キャリアを自作してみる(考察編) ホンダのバイクのふるさと、熊本製作所でファンイベントを実施 新型PCXを初代ユーザーが見たら購入するのか!? (前編) 【バイク熱狂時代は永遠に:4】1980年代に若者が集った「上野バイク街」の現在 TRIUMPHという価値「新星登場」 【NEW MODEL】HASQUVARNA VITPILEN401/SVARTPILEN401 【平成バイク大図鑑5】2000年目前に激化したメガスポーツ最高速競争 【’80sバイク熱狂時代】今年もアツかった!! 今も変わらず人を惹き付ける「鈴鹿8耐」の熱狂は80年代から始まった スズキGSX-Sシリーズのムック登場!
クシタニジャケットモニタープレゼント
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP