新製品

500円で手に入れる「ホンダ 名車のエンブレム」『Hondaモーターサイクルエンブレムメタルキーホルダーコレクション』トイカプセルで発売

スタイリッシュなスポーツカー、プロのアスリート、アニメや映画に出てくるヒーローやキャラクター達……。そんなあこがれの人物・モノをカタチにすることをモットーにした玩具会社「株式会社ジュウロクホウイ」から、ホンダ往年のレジェンドバイクのエンブレムをメタル素材で再現したキーホルダー『Hondaモーターサイクルエンブレムメタルキーホルダーコレクション』が発売されます。

ラインアップは「CB750 FOUR」「NSR 250 R SP」「CBX 400F」「Monkey」「GORILLA」「MOTOCOMPO」の全6種類。

すべて本田技研工業株式会社監修のもと製作されたもので、亜鉛合金、鉄による重厚感と作りの精巧さが特徴です。裏面に型式刻印が入っているというこだわりも、マニア心をくすぐります。

2023年2月より順次、一般小売店カプセルトイ売場(通称ガチャガチャ)にて発売が予定されており、価格は1回500円となっています。

まとめ●モーサイ編集部・中牟田歩実 写真●ジュウロクホウイ

  1. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  2. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  3. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  4. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

小泉環境大臣が日本橋郵便局で電動郵便バイク「ホンダ・ベンリィe:」を視察 「7月1日はヤマハの誕生日」1955年生まれ、2021年で66歳に! GSX-S1000GT スズキ スズキ GSX-S1000GT徹底解説「グランドツアラー路線となったフルカウル版GSX-S1000」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP