新製品

ミッドランドから進化したメッシュインカム、BTメッシュRが登場

ミッドランドのインカムを取り扱うリンクスは、メッシュインカム「BTメッシュ」を進化させた新製品、「BTメッシュR」を11月19日に発売した。

BTメッシュRは、新たに最大6人・最長3km圏内での安定した通話を可能とする「プライベートグループモード」を搭載し、インカム設定アプリにも対応させたBTシリーズのフラッグシップモデル。さらに、高性能アンテナや日本限定カラーのジェットブラックリングも採用している。

メッシュとは従来のブルートゥース接続と異なり、1台のインカムが複数のインカムと通信することで網目状にネットワークを組む新しい通信方式。前モデルであるBTメッシュでは、ペアリング不要で最大10人・最長1.4kmで会話が楽しめる「パブリックグループモード」を搭載していた。

新たに搭載されたBTメッシュRのプライベートグループモードは、全てのBTメッシュRが親機となり電波を中継することで、人数は6人となるがより長い通信距離で安定した通話を可能としている。これにより、人数優先のパブリックグループモードと距離優先のプライベートグループモードの2つから選ぶことができるようになった。なお、いずれのモードでもグループから離脱・合流したときのペアリングの組み直しは不要だ。

iPhoneやアンドロイドスマートフォンのアプリへの対応は、アプリを使うことで設定を可視化して行うことができるようになり、今まで以上に設定の確認や変更が容易になっている。

このほか、BTメッシュのステレオブレンド機能やノイズキャンセル機能のMWe、同社製ブルートゥースインカム(2台)や他社インカム(1台)との接続機能、ワイドFMチューナーなどは継承。なお、BTメッシュもバージョンアップすることでBTメッシュRの新機能を利用することができる。

価格は、シングルパックが3万4000円、ツインパックが6万1200円(いずれも税別)となっている。

問い合わせ先

LINKS(リンクス)
URL:www.midlandradio.jp

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

アライの最高峰フルフェイス「RX-7X」に、Moto3参戦の鈴木竜生選手レプリカモデルが登場 NSR500やRC164など、世界を戦った伝説のマシンが実際に走る! ホンダ・コレクションホール「走行確認テスト」 ドゥカティ ハイパーモタード950に個性的なグラフィックをまとった「RVE」が登場
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP