新製品

置くだけでスマホを充電! ワイヤレスチャージ機能付きスマホホルダー DEF-MS2

通話やメール、メッセージアプリだけでなく、地図やナビゲーションアプリ、ミュージックプレーヤーなどがツーリング中でも活躍するスマートフォン。
最近は旅先での写真や動画をSNSにアップする人も多く、もはやライダーにとってなくてはならないアイテムとなっている。となると心配になるのが、バッテリーの残量だ。
愛車に電源取り出し端子を取り付けるか、別途モバイルバッテリーを持ち歩くのが一般的な対処方法ではないだろうか。

ハンドルマウントは22.2mm径のハンドルバーや、市販のマウントバーに装着可能。ホルダーはマウントの2つの爪をホルダー背面の溝に引っ掛けて固定する。本体の電源をオフにすれば普通のスマホホルダーとして使える

しかしRIDEZ(ライズ)からリリースされるワイヤレスチャージ可能なスマホホルダー「DEF-MS2」は、ワイヤレス充電に対応したスマホならホルダーに固定するだけで自動的に充電を開始。
USB給電ポートも備えており、ワイヤレス充電に未対応の機種やデジタル機器はケーブル接続で充電できる優れものだ。

本体(ホルダー/バッテリー)とハンドルマウントのほか、マイクロUSB充電ケーブルが同梱される。なお、本体を充電するには別途USBチャージャーなどが必要だ

ホルダーはハンドルマウントから簡単に外せるため、走行中はスマホ、休憩中はアクションカメラなどを充電するといった使い方もできる。なお、5000mAhのバッテリー容量を持つため、スマホなら1~2回のフル充電が可能だ。

バッテリーへの充電はマイクロUSBの入力端子から行う。USBタイプAの出力端子も備わるので、デジタル機器への給電も可能だ。バッテリー残量や充電/給電の状態は、側面のLEDインジケーターでチェックできる

ハンドル周辺に取り付けるアイテムを減らしたい、配線でごちゃごちゃさせたくないというライダーの悩みは、このDEF-MS2解消してくれることだろう。

ホルダーに装着できるスマホは、幅95mm、厚さ11mm、重さ200gまでなので、厚手のスマホケースを使っている人は注意したい

 

DEF-MS2 DATE
本体サイズ●98×152×115mm 重量●245g(ホルダーとマウント取付時) スマホ適合サイズ●幅約65~95mm、厚さ11mmまで 容量●5000mAh MicroUSB入力●5V/2.1A ワイヤレス出力●5V/1.0A(5W) 出力●5V/2A ライト電力●2W フル充電所要時間●約3時間 価格●4939円

 

裏面には強力ライトを装備

電源ボタンの長押しでオン/オフできるLEDライトを内蔵しているため非常用のライトを携帯する必要がなく、夜間にカギ穴を確認したいときやタンクバッグ内の荷物を出し入れするとき、地図の確認時などでも重宝する。
また、ハンドルマウントを車体に取り付けたままホルダー部だけを外して持ち出せるので、愛車を駐車場に止めた後でタイヤにロックを掛けるときの明かりとして使ったり、キャンプ場などでも役立つはずだ。

LEDはホルダー上部に斜めに取り付けられており、マウントの角度を調整して前下方に向ければ自転車のライトとしても使える

問い合わせ先

ライズ https://ridez.jp/
TEL:045-628-9666

おすすめ記事

歴史を彩った名車シリーズ SUZUKI GSX1100S KATANA スズキGS1200SS 後期型用のシフトポジションインジケーターを発売 2019年夏ごろ登場予定! クロスカブ・くまモンバージョンが発売決定!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP