用品・グッズ

通勤やソロツーに最適なスモールインカム「SYGN HOUSE B+COM PLAY(サイン・ハウス ビーコム プレイ)」

[PR] sponsored post

信頼のB+COMブランドの新型エントリーモデル

一緒に走る仲間と会話ができ、スマートフォンと接続すれば電話が使え、音楽も聴けるインカム。ただし、ソロツーリング派にとっては多機能すぎるうえ価格も高く、なかなか手を出せないと聞く。

そんなソロライダー向けに、国内のインカムトップメーカーであるサイン・ハウスから手ごろな価格の新機種が登場した。それが、インカム通話機能を省き、電話と音楽やナビ音声を聞くというソロツー向け機能に特化することで1万2980円という価格を実現したB+COM PLAY。シリーズ共通のスタイリッシュな本体は上位モデルから大幅に小型化されており、ヘルメットの種類を問わず合わせやすい。個性的なカラーも魅力だ。近日中にはスマホ経由でのアップデートも可能な専用アプリもリリース予定となっている。

ヘルメット装着例

■価格を抑えるため、取り付け方式は面ファスナーのみの設定となっている。これは前モデルのB+COM Musicと同様だ。78.3㎜×33.8㎜という本体のコンパクトさにも注目! 本体色はブラック、ホワイト、ガンメタリック、マットメタリックブルー、マットゴールドの5色を用意。

電話やメールはもちろん、ナビや地図アプリ、QRコード決済、写真や動画の撮影などライダーにとってもなくてはならないスマホ。3つのボタンで簡単に音量調整や曲送り&戻し操作ができ、さらにSiriやグーグルアシスタントといった音声認識機能も使えるB+COM PLAYを組み合わせれば、スマホがもっと“便利”で“安全”に使えるようになる。それはツーリングだけでなく、通勤や通学などふだん使いでより真価を発揮するのかもしれない。

■上位機種と比較すると音の迫力では負けるが、ネオジムマグネットを使った外径40mmのスピーカーによってクリアで素直な音質を実現。

■充電ポートと兼用のスピーカー端子はUSBタイプCで、コード根本には断線しにくい構造を採用している。

セット内容
B+COMワイヤーマイクホルダー

■電話での通話や音声アシスタントを使うためのマイクは、ワイヤータイプのみ付属。オープンフェイスヘルメットやシステムヘルメットに取り付けるには「B+COMワイヤーマイクホルダー」(2420円)が必要となる。

製品詳細

SYGN HOUSE B+COM PLAY

価格●1万2980円 本体サイズ●W78.3×H33.8×D23.6(各mm) 本体重量●22g BluetoothVer.●Bluetooth5.1 対応プロファイル●HSP、HFP、A2DP、AVRCP 出力●Class2 最大稼働時間●音楽再生12時間 充電時間●約2時間 防水防塵性能●IP67相当 同梱品●本体、ヘルメットスピーカーユニット(外径40mm×厚さ10.5mm ネオジムマグネット インピーダンス32Ω)、ワイヤーマイク、各種スポンジ・面ファスナー類、充電用USB Type-Cケーブル、説明書

report●モーターサイクリスト編集部 photo●佐藤竜太

お問い合わせ先

サイン・ハウス

TEL:03-5483-1711

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ムック【日本車&外国車 最新バイク図鑑2022-2023】発売、掲載台数1200超!日本で買えるバイクをほぼ網羅 「ハーレーの白バイも登場」入場無料のハーレーダビッドソン1DAYイベントBLUE SKY MEETING in日光大盛況 新型のジャパンプレミアも! 第5回Vストロームミーティングが開催

カテゴリー記事一覧