ブルーのトライアルバイクで被災地に向かう「ブルトラ隊」 神奈川県横須賀市上下水道局・バイク部隊の実態とは?

各所で異常がないか調査をする訓練中の隊員たち(画像提供:横須賀市上下水道局)
横須賀市上下水道局の「ブルトラ隊」。写真は2004年10月の新潟中越地震で「ブルトラ隊」が現地に向かい調査をしている隊員たち(画像提供:横須賀市上下水道局)
各所で異常がないか調査をする訓練中の隊員たち(画像提供:横須賀市上下水道局)
神奈川県横須賀市上下水道局の「ブルトラ隊」が使用しているスコルパ TY125。エンジンは123ccの空冷4ストロークOHC単気筒(画像提供:横須賀市上下水道局)
神奈川県横須賀市上下水道局の「ブルトラ隊」が使用しているエイプ 50。エンジンは49ccの空冷4ストロークOHC単気筒。
神奈川県横須賀市上下水道局の「ブルトラ隊」が使用しているホンダ CRF250L。エンジンは249ccの水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒。
神奈川県横須賀市上下水道局の「ブルトラ隊」が使用しているホンダ TLM200R。エンジンは193ccの空冷2ストローク単気筒ピストンリードバルブ。初登場は1985年で、その時は赤をベースにしたカラーリングだったが、1987年のモデルチェンジで写真の青ベースのカラーリングとなった。
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. ヤマハ新型XSR900開発陣インタビュー「80年代のレーシングマシンは意外にシートが低い、そこにヒントがあった」【車体編】
  2. 「サブスク、レンタル、残価設定型ローン」憧れの高額大型バイクにだって、支払いを工夫すれば乗れるのです!
  3. 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!第50話:梅雨時のライダーあるあるが悲しいッ「マンホール怖い」「カッパ着ると晴れる」
PAGE TOP