ヤマハ初代FJR1300(2001年)詳細解説 「長距離高速移動の本場・ヨーロッパを納得させた実力派ツアラー」

FJR1300 ヤマハ 2001
ヤマハ初代FJR1300(2001年モデル)。2000年9月に開催されたドイツ・インターモト(世界的規模の二輪車ショー)で、2001年モデルとして初披露された
FJR1300 ヤマハ 2001
ヤマハ初代FJR1300(2001年モデル)。燃料タンクは機能的に絞り込んだ造形ながら25Lの容量があり、十分な航続距離を確保している
FJR1300 ヤマハ 2001
ヤマハ初代FJR1300(2001年モデル)。電動可変ウインドシールドも含め、高い防風性&整流効果を狙ったフォルム。シールドは高さで120mm、角度で20度の範囲で調整可能
FJR1300 ヤマハ ヘッドライト 2001
ヤマハ初代FJR1300(2001年モデル)。デュアルヘッドライトは同時代のYZF-R1にも似たデザイン。ヘッドライトの光量は12V60/55W
FJR1300 ヤマハ 2001
ヤマハ初代FJR1300(2001年モデル)。リヤ周りは純正オプションのサイドケース装着を想定し、マフラーの位置・角度が設定されているのがわかる、機能的な造形だ
FJR1300 ヤマハ ブレーキ 2001
ヤマハ初代FJR1300(2001年モデル)。フロントブレーキは298mm径ディスクと、同時代のYZF-R1などでも採用された1ピース構造の異径対向4ポットキャリパーの組み合わせ
FJR1300 ヤマハ ブレーキ 2001
ヤマハ初代FJR1300(2001年モデル)。リヤブレーキは282mm径ディスクと片押し1ポットキャリパーの組み合わせ
FJR1300 ヤマハ シャフトドライブ 2001
ヤマハ初代FJR1300(2001年モデル)。後輪の駆動には、メンテナンス性や静粛性に優れるシャフトドライブを採用。スイングアームはアルミ製で左後端がドライブシャフトケースを兼ねている
FJR1300 ヤマハ フロントフォーク 2001
ヤマハ初代FJR1300(2001年モデル)。インナーチューブ径48mmのフロントフォークは、6段階のプリロード調整機構付きで、ストローク量は135mm
FJR1300 ヤマハ リヤショック 2001
ヤマハ初代FJR1300(2001年モデル)。リモコン調整機構を装備したリヤサスペンション。ソフト(ソロ走行時など)、ハード(2名乗車や荷物積載時)という2パターンのみだが、当時としては先進的な装備だった
FJR1300 ヤマハ シート 2001
ヤマハ初代FJR1300(2001年モデル)。シート高は805mmで、前後セパレート型のシートは前側のみキー操作で脱着可能(後席に荷物を積載している状態での脱着も考慮されたのだろう)。シート下は工具&書類入れスペースとなっている
FJR1300 ヤマハ メーター 2001
ヤマハ初代FJR1300(2001年モデル)。左に回転計、中央に速度計、右に多機能液晶ディスプレイというメーターパネル。液晶ディスプレイには燃料計、時計、水温計、オド、ツイントリップなどの情報を表示
FJR1300 ヤマハ 2001
ヤマハ初代FJR1300(2001年モデル)。左スイッチボックスには、パッシング、ディマー、ウインカー、ホーンのほか、シールド位置調整スイッチが並ぶ
FJR1300 ヤマハ 2001
ヤマハ初代FJR1300(2001年モデル)。右スイッチボックスはキルスイッチ、ヘッドライトスイッチ、セルボタンというオーソドックスな構成
FJ1100 ヤマハ 1984
1984年に海外向けモデルとして登場したヤマハ FJ1100。1097ccの空冷並列4気筒エンジンを搭載し、最高出力125ps。車重は乾燥で227kg、燃料タンク容量は24.5L
1991年に国内仕様が発売されたFJ1200A。1188ccの空冷並列4気筒エンジンを搭載し、最高出力97ps。車重は乾燥で242kg、燃料タンク容量は22L。新車当時の価格はABS付きの「A」が104万円、スタンダードが89万円だった
FJR1300 ヤマハ 2001
2001年に海外向けモデルとして登場したFJR1300。1298ccの水冷4サイクル並列4気筒エンジンを搭載し、最高出力143.3ps。車重は乾燥で237kg、燃料タンク容量は25L
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. 今や原付二種にもマスト! バイクのABS義務化「価格への影響は小排気量ほど辛い……」
  2. 微妙な色の純正ホイールを高級感あるゴールドに! 90年代隠れ名車「カワサキZZR600」リフレッシュ計画【第14話】
  3. 『モーターサイクリスト』8月号は7月1日発売!! 付録はクシタニデザインネックゲイター
PAGE TOP