クシタニ浜松本店が9月18日に移転オープン!クシタニ史上最大の店舗で創業当時を再現したミュージアムも併設

「クシタニ浜松本店」内に復元された1947年創業当時の櫛谷商店。
クシタニの担当者によると「クシタニ浜松本店」には、製品を販売するアパレルショップとしての側面だけではなく、休憩スペースやミュージアムを併設する「交流の場所」という側面も期待しているという。
クシタニ史上最大となる600m2の敷地面積を持つ「浜松本店」では、クシタニが販売する製品をフルラインアップで展示、販売する。
店舗によっては置いてあるモデルが限られがちなレーシングスーツも「クシタニ浜松本店」では、豊富に取り揃えられた実物を見て購入することができる。
「クシタニ浜松本店」内に復元された1947年創業当時の櫛谷商店。
主力の革製品だけでなく、ウエアを手入れするための用品や小物、インナーウエアなども取り揃えている。
1950年代当時の櫛谷商店の実物。
1970年代当時の櫛谷商店の実物。
この画像の記事ページへ
  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

  1. 中上貴晶レプリカデザイン「VZ-RAM NAKAGAMI GP2」と、街なかから長距離ツーリングまでの「ASTRO-GX SPINE」が新発売【アライヘルメット】
  2. まるでコンサートホール! 「MIDLAND」史上最高音質のインカム用オプションスピーカー【RCFプレミアムサウンドキット】が新発売
  3. 高速道路で落とし物をしたら? 「戻って拾う」はダメ絶対!! 確認しておくべき「数字」とは?
PAGE TOP