超希少車「MFT250試乗レポート」無限MUGENが作ったXR250エンジンの市販ダートトラッカーを覚えているか

2001年に市販された無限の市販ダートトラックレーサー「MFT250」
2001年に市販された無限の市販ダートトラックレーサー「MFT250」
ホンダ XR250のOHC単気筒RFVCを搭載。燃料タンクは左右にコックがある
様々なエンジンを搭載可能とするため、エンジン周りにクリアランス=余力を持たせたフレーム
XR250のエンジンに合わせフレームはクロモリ製のオイルインタイプだが、ウェットサンプエンジンを搭載することも可能
見るからに剛性の高そうなステアリングブリッジ。フロントフォークはFTR250をベースに内部を専用設定したもの
リヤサスペンションの取り付け位置はセッティングに応じて変更可能。溶接の美しいスイングアームはクロモリ製
ハブは前後ともアルミ製の削り出し。アクスルシャフトは中空のアルミ製
MFT250のカタログ。各種カラーのボディパーツ、ハイカム、ハイコンプピストン、クロスミッションなどのほか、レーシングスタンドも用意された
MFT250オプションパーツの一例「カーボン製クランクケースガード」。XR250にも装着可能だったとか
開発ライダーのひとり、山口孝行選手の走り。当時もてぎダートトラックレースや全日本ダートトラック選手権で活躍した
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. ムック『二輪旧車再生マニュアル Vol.2』八重洲出版より発売中!!
  2. 「守ると遊ぶを1台に」 ヤマハが作ったオフロード特化型防災トリシティの装備を徹底調査! トリシティ ヤマハ
  3. 「インディアンMCミーティング北海道 in 十勝スピードウェイ」開催!秋晴れの下でツーリング&ミーティング&サーキットランを満喫
PAGE TOP