【試乗レポート】ハスクバーナ・モーターサイクルズ スヴァルトピレン250「スポーティな走りもツーリングもこなせる万能マシン」

ハスクバーナ スヴァルトピレン250
ハスクバーナ スヴァルトピレン250
31馬力を発揮するDOHC4バルブの水冷単気筒エンジン
フロントブレーキは320mm径シングルディスク+バイブレ製キャリパーの組み合わせ。フロントフォークはWP製で、インナーチューブ径は43mm。
リヤサスペンションもWP製で、リンクレスのモノショック。
リヤブレーキは230mm径ディスク+フロント同様バイブレ製キャリパーの組み合わせ。ブロックパターン風の標準装着タイヤはインドMRF製のラジアルタイヤ「REVZ-D」。
ハンドルはオフロードバイクのような開いた形状。
液晶外周がバーグラフ式回転計となっている個性的なデザインの丸型液晶メーター。
灯火類はLEDを採用し、リヤまわりはシャープなデザインにまとめられている。
燃料タンク容量は9.5L。タンク上部には標準でラゲッジラックが装備されている。
身長170cmのライダーの足着き。
シート高は835mm。
身長170cmのライダーのライディングポジション。
この画像の記事ページへ

カテゴリー記事一覧

おすすめ記事

  1. 設計から完成まで2000時間!? 紙でバイクを表現する「ペーパークラフトデザイナー」という仕事とは?
  2. ドゥカティ×ランボルギーニの最強コラボ!「ドゥカティ・ディアベル1260ランボルギーニ」を発表!!
  3. オプション10万円分をプレゼント!KTMが「KTM 790 ADVENTURE オプション10 万円プレゼント」を実施!!
PAGE TOP