ニュース

エリーパワーのリチウムイオンバッテリーがダカールラリーで優勝

1月5日から17日まで13日間(休憩日1日とキャンセルとなったステージ8を含む)、総走行距離7000km以上で争われたダカールラリーで総合優勝を果たしたモンスター・エナジー・ホンダ・チームのワークスマシン、CRF450ラリー。チームの全マシンに搭載されていたのが、エリーパワーの二輪車始動用バッテリー、「HYバッテリー」だ。

HYバッテリーはレースで有利となる小型・軽量性を備えたリチウムイオンバッテリーで、CRF450ラリー以外にもホンダCRF1000L/1100LアフリカツインやCBR1000RR SP/SP2、CRF450Lなどの市販車にも標準搭載されている。また、リプレイス用として単体販売もされており、バイク用品通販サイトのWebikeなどで取り扱われている。

今年のダカールラリーでCRF450ラリーは総合優勝を果たしたリッキー・ブラベック選手のほか、4位にホセ・イグナシオ・コルホネ選手、7位にホアン・バレダ選手が入り、ケビン・ベナバイズ選手も19位で完走を果たしている。世界一過酷なレースと言われるこのラリーで、HYバッテリーの高い信頼性や耐久性、安全性が証明されたと言えるだろう。

CONTACT

おすすめ記事

【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史3】激しい販売合戦の勃発(1950〜1956年) レッドバロンより「保険連動対応ドラレコ」が登場 専用スマホアプリで事故映像を保険会社にかんたん送信 宅配ピザはなぜアツアツで届く? バイクに秘密があるのか、それともボックスに秘密があるのか
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP