イベント

事故のない毎日の実現のために! ダンロップが全国タイヤ安全点検を実施

 ダンロップ主催の全国二輪車用タイヤ安全点検が、8月3日(土) に神奈川県・岐阜県・京都府・大分県の全国4箇所で同時開催された。
 今年で8年目を迎えるこの活動は、「事故の無い毎日をつくりたい」というダンロップのブランドメッセージのもと、タイヤ点検を通じて、タイヤを安全に使用するための管理の大切さを訴求し、より安全なモビリティ社会の実現を目指すというものだ。
 編集部が取材に訪れたのは、神奈川県のアネスト岩田ターンパイク箱根スカイラウンジ前。
当日は夏本番の快晴とあってツーリングライダーが続々と訪れる中、ダンロップ検査員の皆さんが訪れたライダーに声をかけ、タイヤ外観点検を行った。
安全で正しいタイヤの使用・管理方法などについても説明し、専用のチェックカードや粗品を配布。日頃からのタイヤ点検の大切さを呼びかけていた。

 

安全点検の様子

続々と訪れるツーリングライダーに声をかけ、タイヤ点検、専用の器具でタイヤの残溝をチェック、悪い状態を発見されたライダー達も意外と多く、改めて点検の大切さを意識していた。

タイヤの残溝や、表面の損傷、摩耗度などの点検結果を記したチェックカード。前輪は良好だが後輪の残溝は1.5mmで、もうそろそろ交換時期という診断結果が出ていた。

アネスト岩田ターンパイク箱根スカイラウンジ前(神奈川県足柄下郡)、道の駅「桜の郷」(岐阜県高山市)、瑞穂の里・さらびき(京都府船井郡)、道の駅「ゆふいん」(大分県由布市湯布)の全国4箇所で同時開催された。

「事故の無い毎日をつくりたい」と、住友ゴム工業の執行役員タイヤリプレイス営業本部長 増田栄一氏。今回で8年目を迎える同イベントだが、タイヤに起因する事故を無くしていくために、これからもユーザーの安全意識を啓蒙する活動を続けていきたいと語った。

  1. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  2. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  3. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  4. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  5. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

年間9000台の盗難バイクは一体どこへ?「海外に転売する」は時代遅れだった! 風もなく、昼も夜も変わらぬ快適性! クシタニウインターウィルジャケット『モニターレポート』2/2 かつてロータリーエンジンを載せた二輪車があった! 短命に終わったRE搭載バイク5モデル
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP