イベント

本日発売開始!ゲームソフト「デビル メイ クライ5」とバイクとの関係

■伝説のスタイリッシュアクション最新作!『デビル メイ クライ 5』とは?

疾駆するスピード感、思うがままに動かせる操作感、そしてテンションあがるストーリー。全世界出荷本数1700万本を超える伝説の“スタイリッシュアクション”が想像を遥かに超えたクオリティで復活!強大なる「魔」の侵攻と、阻まんとする3 人のデビルハンター。複雑に絡みあう彼らの運命が描かれる。実写と見紛う程のグラフィックとハイスピードなゲームプレイが生む、かつてない“キモチよさ”を体感せよ(CAPCOM広報資料より)。

20時からの「第一部」では(左から)進行役の池田ショコラさん、メインMCのアメリカザリガニ・平井善之さん、ゲームプロデューサー岡部眞輝さん、ゲームディレクター伊津野英昭さん、ザ・たっちの皆さんが登壇し、ゲームの内容などを紹介

その「デビル メイ クライ5」の発売前夜となる3月7日(木)、都内某所にて記念イベント「SSS Devil Night」が開催された。

会場には事前応募により当選した一般の来場者やコスプレイヤーが多数集まり熱気ムンムン。デビル メイ クライは第1作が2001年に登場し、以降新作が出るたびにゲーム業界へ激震をもたらしてきたビッグネーム。前作「デビル メイ クライ4」から約10年ぶりとなる新作に対するファンの期待値は高まるばかり。初お披露目となる新画像が映し出されるや悲鳴にも似た歓声が飛び交った。とにかくカッコいい主人公たちがスタイリッシュに悪魔を倒していく姿には、正直あまりゲームに詳しくない筆者(MC小川)も魅了された。女性ファンが多いのもよくわかる。

主人公のひとり「ダンテ」の英語版声優/モーションアクターのルーベン・ラングタンさんも登場。日本語も堪能で、お笑い芸人ザ・たっちさんとの掛け合いまで余裕でこなす。イベント中、時間の許すかぎりファンとの撮影にも笑顔で応えていたルーベンさん。すばらしい……

このお方が最強の悪魔狩人(デビルハンター)ダンテ。デビル メイ クライ3作目までは主役を張っていた御仁で、悪魔と人間の間に生まれた半魔という設定

そのダンテが操る武器のひとつが魔力を宿した素材から生まれた特殊武装「キャバリエーレ」。基本はバイクそっくりだが、この写真のように2分割して双剣のような使い方もできる

デラックスエディションには「キャバリエーレR」も組み込まれる。バンク角は少なそうだ

長年、開発陣が登場させたかったというバイク型の武器。しかしこれまではハード面などの問題で実現が不可能だった。しかし、このデビル メイ クライ5では念願がかないダンテの武器として登場。地面を走行するだけでなく、空中戦にも対応し、縦横無尽に活躍する!

キャンペーンの景品となった「BONNEVILLE BOBBER Dante MODEL」。たまらんカッコよさ

2月14日からスタートしていた「『デビル メイ クライ5』体験版配信記念 2大SNSキャンペーン」第2弾の景品として、なんとトライアンフ ボンネビル ボバーに特別なカスタムを施したモデルが登場。カプコンとトライアンフモーターサイクルズジャパンとのスペシャルコラボは、トントン拍子に進んだとか。

トライアンフモータサイクルズジャパンの野田一夫社長も登場し、コラボモデルへの思いを激白。会場は大いに盛り上がった

トライアンフ ボンネビル ボバー ダンテ モデル。オリジナルのスタイリングからして最高にスタイリッシュなバイクが、スペシャルペイントでさらにグレードアップ。当たった人は幸せだ!

タメ息……

ラルク・アン・シエルのボーカルHYDEさんがデビル メイ クライ5のイメージソングとして書き下ろした新曲「MAD QUALIA」は3月20日リリースだ!

第二部ではイメージソングを担当したHYDEさん(左から3番目。そこから右に向かって……)、ダンテ役の日本語声・森川智之さん、ネロ役の石川界人さんも登場し、興味深い裏話も披露。気がつけばアッという間に1時間30分以上のイベントは終了していた。

イベント後の囲み取材に応じていただいた岡部プロデューサー(左)と、伊津野ディレクター。「弊社にはバイク好きなスタッフも多いので、いつかバイクのゲームも作ってみたいですね」とのこと。期待してます!

作品名:デビル メイ クライ5
対象機種:X box One/PlayStation4/PC
発売日:2019年3月8日(金) 発売
希望小売価格:6,990円+税
ダウンロード:6,480円+税(デラックスエディションはX box One/PlayStation4:7,400円+税 PC:7436円+税)
ジャンル:スタイリッシュアクション
プレイ人数:1人(オンライン時:1〜3人)

販売元:CAPCOM  http://www.capcom.co.jp/devil5/

 

トライアンフモーターサイクルズジャパン https://www.triumphmotorcycles.jp/

関連記事

  1. スズキ 新型カタナ開発陣が語る、新型カタナに込めた想いとは!?
  2. これは楽しいっ! 初心者大歓迎のサーキットイベント「BATTLA…
  3. 【NEW ITEMS】AGV X3000
  4. 新型はリターンの方にもお薦めです!  ゴールドウイング開発陣が語…
  5. 9月1日に「BikeJin祭り2019@北海道・白老 with …
  6. 【最新「護る」ツール】ALPINESTARSが誇るワイヤレスで超…
  7. スポーティだけじゃない!ALPINESTARSの冬用ジャケットで…
  8. ナイトロンからCBR400R用リヤショックアブソーバーが登場

旅に出よう!

おすすめ記事

【NEW ITEM】HYPERPRO AH1 FRONTFORK ver.1.2 【モーサイチャンネル】RZ250R改 RZ500Rエンジン始動 【ワインディングニッポン】知床横断道路(北海道) 【NEW ITEMS】オージーケーカブト EXCEED DELIEに新色が追加 モンキー125の積載能力をアップするリヤキャリヤが登場 “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜熱い鈴鹿8耐の熱気をじかに楽しめる Honda Dream Village & キャンプツーリング〜 大型連休にいってみたいツーリングルート!八幡平アスピーライン編 【おとなの信州探訪】『日本で最も美しい村』は本当に美しいか!? 【伝説の名車、再び】新型カタナは生まれるべくして生まれた!?(中編) 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(4)高出力化への新たな潮流
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP