トピックス

トライアンフ タイガー1200/ストリートトリプルRS/スピードトリプルRSがリコールを発表

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、タイガー1200XRT/ XCA/デザートエディションと、ストリートトリプルRS、スピードトリプルRSのリコールを届け出た。対象台数は、タイガー1200XRTが36台、同 XCAが43台、同デザートエディションが4台、ストリートトリプルRSが554台、スピードトリプルRSが252台。

今回のリコールは、フロントブレーキの製造工程管理が不適切なため、ブレーキパッドのプレートへの接合が不適切なものがあるという。そのため、雨などにより腐食しブレーキパッドがプレートから剥離して、最悪の場フロントブレーキが効かなくなるおそれがある。

トライアンフモーターサイクルズジャパンでは、フロントブレーキパッドの製造番号を確認し、対象の場合は当該パッドを対策品に交換するとしている。なお、自分のバイクが対象かどうかは購入した販売店に問い合わせるか、国土交通省の「自動車のリコール・不具合情報サイト」などで確認できる。

NOTE

トライアンフモーターサイクルズジャパン
https://www.triumphmotorcycles.jp

国土交通省 自動車のリコール・不具合情報サイト
https://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

おかえりなさいメグロの故郷へ──目黒製作所の工場があった那須烏山市にメグロ80台が集結!「メグロキャノンボール烏山」 SHOEIが、オフロードヘルメットVFX-WRのニューグラフィックモデル、「ALLEGIANT」を発売 【’80sバイク熱狂時代】平vs水谷の大バトル! バイク好き以外も魅了した、1985年の全日本ロードレース選手権
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP