新製品

防寒性能は随一!? クシタニが作り込んだウィンターウェア!

「本当の防寒」を実現する高度な作り込みは当代無比
K-2686 アロフトジャケット
K-2688 アロフトパンツ

ライディングウエアの防寒性を高めるためには、単に保温力をアップすればいいというものではない。
冷気を遮断する防風性、保温の要である中綿やアンダーウエアを濡らさない防水透湿性、さらに温度調節のためのベンチレーション機能など、様々な性能が必要となる。

クシタニのアロフトジャケットとパンツは、それらの全てが高度に備わる同社の最高峰ウインターウエアだ。

冬ウェア

いずれも3万㎜以上の初期耐水圧と1万9000g/㎡・24hの透湿性というレインウエアに匹敵する防水透湿性を持ち、フロントファスナーには外気や雨の浸入を防ぐ二重のカバーを採用、さらに裾のストームガードで冷気をシャットアウトするという念の入れよう。

クシタニ

●(上)単体で使用できるインナーダウンのファスナーは、ジャケット本体のファスナーや首と干渉しないよう上部がオフセットされている (下)ファスナーの開き具合によりベンチレーション性能を調整できるよう、エアアウトレットには左右どちらからも開くダブルファスナーを採用

また、ジャケットにはダウン70%、フェザー30%を使ったインナーダウンを、パンツにはポリエステル製の中綿入りインナーを装備して、体温により暖められた空気がウエア内にとどまるよう最大限の配慮がなされている。

冬ウェア

●(上)冷気の侵入を防ぐため、パンツのファスナー前にもジャケットと同様の折り返し付き二重カバーを装備。裾にはストームガード、腰にはウエストベルトも備わる (下)シートと擦れる内股部には滑り止めのグリップ素材を、裾の内側には耐熱・耐摩耗素材を採用する

こうした性能・機能は、地域によって気候が大きく異なる日本のライダーのためのもの。
雨が降ろうと、気温が上下しようとどこまでも走り続けるためには絶対に必要なのである。

もちろん、アクシデント発生時の耐久性や着心地、動きやすさもしっかりと考慮。
これほどまでにこだわったライディングウエアは、そうそうお目にかかれるものではない。

K-2686 アロフトジャケット

●価格:6万4900円 

●サイズ:S~XL

●カラー:ネイビー、ブラック

K-2688 アロフトパンツ

●価格:4万6200円 

●サイズ:M~XL、L/3W

●カラー:ネイビー、ブラック

 

クシタニ・その他の注目ウェア

デザイン性に優れるソフトジャケット
K-2690 ウインターテックジャケット

価格●4万7300円

斜め模様が入るエンボススラブ調柄の防風生地や、フロントファスナーと交差させたデザインテープなど個性的なスタイルが特徴で、運動性を向上させるストレッチニットも採用。
単独使用可能な中綿入りインナーやストームガードで防寒性を高めている。

 

CONTACT

問い合わせ先クシタニ
URLhttp://www.kushitani.co.jp
アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 【NEWS】本日13時からB+COM SB6X アップデートプロ…
  2. 【NEW ITEM】クシタニから限定生産のレザージャケットがリリ…
  3. 【NEW ITEM】SP TADAO POWER BOX FUL…
  4. 大人気アニメゆるキャン△の、「リンちゃんのサイドバッグ」がついに…
  5. 本日発売開始!ゲームソフト「デビル メイ クライ5」とバイクとの…
  6. K&HのRナインティ用ダブルシートに新デザインが登場
  7. 【NEW ITEM】使いやすさを追求! Gベクターツーリングシュ…
  8. 【NEW MODEL】KAWASAKI Z900

おすすめ記事

1958年「世界のスーパーカブ」はここから始まった! 「初期型C100」ならではの特徴を徹底解説:後編 【’90s名車列伝】目指すはOVER300km/h! ’90年代最速マシンの象徴、ZZ-R1100の挑戦(前編) ときひろみの「私に乗せなさい!」Side Story 初めてのヘルメットフィッティング 125㏄の機動力を携えてリニューアル!モンキー&スーパーカブが帰ってきた! スポーティだけじゃない!ALPINESTARSの冬用ジャケットで今年の冬は快適に 東京モーターサイクルショー2019・キャンギャル図鑑!!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP