大排気量天国アメリカ生まれの8200ccバイク! 日本にも少数輸入された「ビッグカノン」の姿に仰天する

アメ車のV8サウンドを股下から響かせるビッグカノン
全長は2850mm。日本製巨大バイクの雄、ホンダ ゴールドウイングと比べても300mm弱も長い。
後方から見ると、タンクの巨大さ、ハンドルの幅の広さが目立つ。
写真の車両は2000年当時にビッグカノンの正規輸入を行っていた「ベガスモーターサイクルズ」の車両。ベガスモーターサイクルズでは計2台を日本に輸入したという。
正面からでは巨大なラジエターに覆われ、エンジンを眺めることはできない。
8200ccのV8エンジンはシボレー用で、502馬力を発揮。5000cc、5700cc、5800ccエンジンのモデルも存在する。
駆動はチェーンドライブ。リヤサスペンションはスタンダードなツインショック。
独自のオートマチックミッションを搭載し、シフト操作は踏み込んで「ドライブ」、手前に戻すと「ニュートラル」になる。
ハンドル中央にあるのは回転計。タンク上には速度計&水温計がマウントされる。
身長172cmのライダーの乗車姿勢。ハンドル、ステップも遠くは感じない。シート高は635mm。
この画像の記事ページへ

おすすめ記事

  1. ムック『二輪旧車再生マニュアル Vol.2』八重洲出版より発売中!!
  2. 「守ると遊ぶを1台に」 ヤマハが作ったオフロード特化型防災トリシティの装備を徹底調査! トリシティ ヤマハ
  3. 「インディアンMCミーティング北海道 in 十勝スピードウェイ」開催!秋晴れの下でツーリング&ミーティング&サーキットランを満喫
PAGE TOP