アーカイブ

大排気量天国アメリカ生まれの8200cc バイク! 日本にも少数輸入された「ビッグカノン」の姿に仰天する

シボレーのV8エンジンを搭載したバイク、ビッグカノン

大排気量天国アメリカにはとんでもないバイクが存在する。
バイクマニアの方ならば、クルマ用V8エンジンを搭載した「ボスホス」の存在を知っているかもしれない(「ボスホスジャパン」という代理店が立ち上げられ、日本にも輸入が行われていた)。
しかし、ボスホスに匹敵する存在がまだあった。カノンモーターサイクル社による8200ccV8エンジンの「ビッグカノン」である。

全長は2850mm。日本製巨大バイクの雄、ホンダ ゴールドウイングと比べても300mm弱も長い。

ビッグカノンを製造するカノンモーターサイクル社とはどんなメーカーなのかというと、1990年代初頭に創業を開始し、自動車用エンジンを搭載したバイクの製造を行っていたSJHマニュファクチャリング社がルーツ。1997年に生産規模を拡大するとともに、社名を変更してカノンモーターサイクル社となった。

勇ましい姿のバイクに対し、カノン=KANNONの名の由来は意外にもほほえましい。カノンモーターサイクル社を立ち上げた社長のスコット・ホー氏には「Kassi」と「Shannon」というふたりの娘がおり、その名を組み合わせたのだそう。
ビッグカノンは2000年代に少数が日本に輸入されたのみで、現在輸入は途絶えているという。一体どんなバイクなのか、2000年当時の新車試乗記事を紹介する。

写真の車両は2000年当時にビッグカノンの正規輸入を行っていた「ベガスモーターサイクルズ」の車両。ベガスモーターサイクルズでは計2台を日本に輸入したという。


装備重量約690kgの巨体を誇るビッグカノン

バイクの魅力を一言で表すとすれば、ヒラリヒラリと軽快に、機敏に走れることだろう。そして、エンジンや車体の個性を、風を受けながら体全体で感じられることではないか、と個人的には思う。
しかし、このビッグカノンはそう単純ではない。理由は車体を見ても明らかなように、無理を可能にした乗り物だからだ。派手なカラーリングをまとっているものの、どこか重油を運ぶタンカーのような、一種異様な印象を受けずにはいられない。あまりの存在感に背筋がゾッとしそうなくらいだ。

力を込めて引き起こし、スタンドを払う。幸いシートの周辺は車幅が狭く、シート高自体も低いので足着きはいいが、装備重量は約690kg! この巨体は起こすだけでもけっこう手強い。
意を決してセルボタンを押すと、腹の奥で響く爆音とともに、右方向への激しい挙動で8200ccV8エンジンは目を覚ます。ものすごいトルクリアクションだ。調子に乗って、アクセルを開けたままセルボタンを押そうものなら、体ごと右側へ飛ばされそうだ。

8200ccのV8エンジンはシボレー用で、502馬力を発揮。8200ccエンジン以外にも、5000cc、5700cc、5800ccエンジンのモデルも存在する。

独自のオートマチックミッション「トランスマチック」を搭載し、シフト操作は踏み込んで「ドライブ」、手前に戻すと「ニュートラル」になる。

アメリカ・オクラホマ州北西部のケッチャムという町にあるカノンモーターサイクル社では、世界初のV8/V6フルオートマチックミッションを開発(特許を取得したとも言われる)。
その「トランスマチック」と呼ばれるミッションのシフトペダルを、クラッチを握ることなく「ドライブモード」へと踏み込む。ヘッドライト上部に位置するタコメーターを見ながら恐る恐るアクセルを開けていくと、けたたましい音とともにその巨体が動き出した。

しかし、走り出してしまえばなんてことはない。ふくらはぎがエキパイに当たらないように注意すれば、日本人の体型でもポジションは思いのほか無理も少ない。
車体は低重心で、もしタイヤの空気を抜いたとしたら、スタンドを使わず車体が自立するのではないかというくらいだ。また、重心が前方にあることもよくわかる。

アメ車のV8サウンドを股下から響かせる

エンジンの性格は荒々しく、サウンドは「アメ車のV8」そのものといえるドロドロドロ……というもの。
バンク角は浅く、言うまでもないが車体を寝かして曲がるバイクではない。キレイに曲がるためのコツは「回転するクランクの意思に反しないように曲がらせる」だ。
たとえば大きな右旋回をするときでは、コーナリング中にアクセルを開けるとクランクの回転に応じて、車体は内側へ内側へと振り子のように揺れる。
逆にコーナリング中にアクセルをパッと戻すと、その反動で車体はグラッと起き上がろうとする。つまりは、一定の開度でアクセルを固定し、あくまでも大きな円を描くようなイメージで曲がることが要求される。
当然、日本の狭い道に向くものじゃないし、交差点を曲がるときはスロースピードが原則だろう。

しかし、高速道路に入るとこの巨体の魅力がなんとなくわかる気がした。常に豪快かつパワフルな印象をライダーに与え続けるところは、ほかのどんなバイクにも代えがたい個性だろう。
巨大なタンクの下では8200ccがホーリー製のキャブを通じてうなり声をあげ、2032mmのホイールベースと重たい車重は少々の路面の段差をものともしない。
また、大きな弧を描くハンドル越しの眺めは、まるで海賊船に乗って大海原をクルージングしているかのような気分になる。

正面からでは巨大なラジエターに覆われ、エンジンを眺めることはできない。

後方から見ると、タンクの巨大さ、ハンドルの幅の広さが目立つ。

502馬力を秘めたエンジンでのクルージングは独自のフィーリング

最高出力502馬力というパワーはもちろん、「使いこなす」という概念からはほど遠いものだが、十分に余裕を秘めたエンジンでクルージングするというのは、なんとも心地いいものだ。
きっと片側4車線あるアメリカのフリーウェイを優雅に流したら、なおさらその魅力は浮き彫りになるだろう。なにせ日本の高速道路では流れに乗って走るにも3000回転以下で十分なのだから。
(試しに4000回転まで回してみたら、自分自身が大砲の弾になった気分だった……)

ヘッドライト上部にあるのは回転計。タンク上には速度計&水温計がマウントされる。

駆動はチェーンドライブ。リヤサスペンションはスタンダードなツインショック。

乗り手が少しでもV8エンジンの気分を損ねるような接し方をしたら、とても収まりのつかないモンスターマシンではあるが、どこかおしとやかさを秘めた性格さえしっかり把握してやれば、身長172cmの日本人でもちゃんと言うことを聞いてくれる乗り物だった。
肝心なのは乗り手の気持ちだ。怪物も慣らせば慣れるものである。

ビッグカノンの足着き&ライディングポジション

身長172cmのライダーの乗車姿勢。ハンドル、ステップも遠くは感じない。シート高は635mm。

ビッグカノン主要諸元

【エンジン・性能】種類:水冷4ストロークV型8気筒OHV2バルブ ボア・ストローク113.5mm×101.6mm 総排気量8200cc 最高出力502ps 変速機:オートマチック前進1速
【寸法・重量】全長:2850 全幅:1210 全高:1270 ホイールベース:2032 シート高635(各mm) 乾燥重量:580kg タイヤサイズ:F140/90-16 R230/60-15 燃料タンク容量:26L+予備6.6L
【新車販売当時価格】800万円


レポート●別冊モーターサイクリスト 植田輝臣 写真●別冊モーターサイクリスト2000年10月号より 編集●上野茂岐

おすすめ記事

コロナの影響も!? 今や300万円台すら珍しくないカワサキZ1&Z2、高騰化の理由を創業70年老舗ショップに聞いた 古くてシンプルだと侮るなかれ! 最新バイクでは味わえない「キャブレター車」の楽しみ方 開発担当者に聞く、ホンダADV150ヒットの秘訣 【コンセプトとデザイン編】
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP