トピックス

大野 雅人 作品展 「Cub-jo -カブジョ-」

 

1958年、初代C100の登場から今年で60年。昨年は世界生産累計1億台を達成し、世界中で愛される日本を代表するモーターサイクルがホンダ スーパーカブだ。そんなスーパーカブを通学の友として愛用する高校生たちをおさめた写真展が東京・ソニーイメージングギャラリー銀座で現在開催中だ。
写真家の大野 雅人氏による「Cub-jo -カブジョ-」と題されたこの写真展は、申請すれば原付での通学が許可されている鹿児島県・種子島の種子島高等学校と種子島中央高等学校のカブを通学に使う生徒たちをモデルに、昨年の冬から今年の春にかけて種子島の各所で撮影を行ったもの。被写体との距離感とできるだけ同じ光で撮ることを意識したという作品は、被写体それぞれのスーパーカブとの付き合い方が想像できるような一葉が並ぶ。
「Cub-jo -カブジョ-」はすでにフランスで発表されているが、今回の展示はすべて再調整を施したニュープリント。これらに加えフランスでは行っていなかった、70点、時間にして約3分半ほどのデジタルスライドショーもモニターで鑑賞できるようになっている。こちらはプリントとはまったく違う表情の高校生たちがおさめられていて、クールな表情のプリント版との違いがとても興味深い。なお大野氏は14日〜17日、20日に在廊予定となっている。

期間 9月7日~9月20日
開場時間 11:00~19:00
会場 東京・ソニーイメージングギャラリー銀座
入場無料

ソニーイメージングギャラリー 告知ページ
https://www.sony.co.jp/united/imaging/gallery/detail/180907/

関連動画
こちらは今年の春、種子島高校の3年生たちにホンダが新聞広告として祝福メッセージを送り、その反応をおさめた動画
Me and Honda「種子島高校 卒業おめでとう」

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

クラシック350 GB350 ホンダ ロイヤルエンフィールド ホンダ GB350とロイヤルエンフィールド クラシック350の違いを徹底検証「似て非なる2台のビッグシングル」 RG400/500Γ、NS400R、RZV500R…… 大排気量2ストWGPレプリカは“失敗作”だったのか 【NEWS】アクセス性が大幅向上! 山梨県・甲府2りんかんが移転オープン!!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP