ニューモデル

ドゥカティ ハイパーモタード950に個性的なグラフィックをまとった「RVE」が登場

ドゥカティは、114馬力/9.8kgmを発揮する937ccVツインエンジンを積んだモタードモデル、「ハイパーモタード950 RVE」を発表。ヨーロッパで7月に発売する。

ハイパーモタード950RVEは、スタンダードモデルとハイパーモタード950 SPの中間に位置するモデルで、個性的なグラフィックを採用したのが特徴。このグラフィックは2019年のイタリア・コモ湖のチェルノッビオで開催されたコンクール、「コンコルソ・デ・エレガンツァ・ヴィラ・デ・エステ」で受賞したハイパーモタード950コンセプトをベースにしたものだ。コンセプトモデルを再現するため、非常に薄いスライド・デカールを採用しており、高度な職人技により手間の掛かるプロセスを経ることで、エアブラシペイントのような仕上がりを実現しているという。


機能面では、ドゥカティ・クイック・シフト アップ/ダウンEVOを搭載。もちろん、スライド・バイ・ブレーキ機能付きボッシュ製コーナリングABS(シングルモード設定)、ドゥカティ・トラクション・コントロールEVO、ドゥカティ・ウィリー・コントロールEVOも装備する。


なお、日本でも公式ウェブサイトに既に掲載されているが、現時点での国内での発売時期、価格は未定となっている。

CONTACT

問い合わせ先ドゥカティジャパン
URLhttp://www.ducati.co.jp

おすすめ記事

SPIDI、2018年春夏モデル・怒濤の入荷ラッシュ!!【ジャケット編】 【オススメ度NO.1アイテム特集!】ヘルメットを被っていても 使いやすい! ダブルオーグラスギアのライディングアイウエア 【アイテム選びで旅をもっと快適に:その7】番外編? 小柄でもブーツ一つでバイクの選択肢はぐんと広がる
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP